ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

手すり 

あれから5年が経ちました。
テレビでは被災地の現在の状況などが放映され、皆さまのご苦労ご心労に、少し希望が見えたり心を痛めたりと、まだまだ複雑な心境で見ていました。

何度も記しましたが、母は原発のたち並ぶ福島県大熊町の出身......で .いとこたち家族はみな帰宅困難者となりましたが
その一人は会津からいわき市の復興住宅へ、一家族は会津若松市へ、もうひと家族は 約4年6カ月ぶりに避難指示が解除され、復興へのスタートラインに立った楢葉町に帰る予定で家を修理していましたが、周りに戻ってくる人もおらず、今だにいわき市に避難のままで皆ばらばらです。
高齢ゆえ 一日も早く、コミニュティが整い、ご近所ともコミュニケーションをとりあえ安心して戻れることを祈るばかりでした。

さて
最近は夫婦そろってよくつまずくようになりました。 

2階への階段あたりで、時折ドスンという音がしたり、居間のじゅうたんにつまずいたり、先日は私が布団のヘリに引っかかって転びましたし.........
要するに足が上がっていないということですね。
怪我せぬうちに、手すりでも取り付けたほうが良いかもと話しているうちに
今日は夫が階段の壁をたたき壁の柱を確認しメジャーで長さ高さを測りだした。
えっ 自分で?
ホームセンターへ材料の購入
すぐに作業をはじめる。
tesuri.jpg

夕刻にはこのように完成  夫の行動の速さには感服です。
転んだ、骨折したという話は他人事ではありません。
備えあればでこれで不安材料が一つ解消できありがたいです。

身の回りの生活から | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク