ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

ペコちゃん展へ 

ミルキ~はママの味~♪♪ とくるとペコちゃんの顔が浮かんできますね。
愛くるしいぺこちゃんをあしらったペコCarが静かな美術館前に止まっています。

pecocar.jpg

pekoten.jpg

ペコちゃん展を見に平塚美術館まで行ってきました。

不二家のミルキーが発売され その店頭の人形としてデビューしたのがペコちゃん
昭和とともに生誕65年ですって! 
それなのに永遠の6歳、ボーイフレンドとして登場したポコちゃんは1歳年上だそうです。

初代からのミルキーの空箱がならんでいました。
目がくるくる動くボックス モールの手がついてぶらさげるようになっているのもありましたね。
pekopoko2.jpg

↓ペコちゃんこけしも 1950年後半にはこんなものもあったとは......
私と同年代の人たちには懐かしものばかり

pekokokeshi.jpg

私にとっての不二家と言えば、やはり横浜伊勢佐木町の不二家になってしまいます。

私の通った中学校はこの界隈に今でもあります
占領軍(GHQ)の接収が解除されつつあるころでしたから
かまぼこ兵舎が立ちならぶ景色を当たり前のように眺めながら、通学したものです。

戦前からあったという不二家の店は当然接収され、アメリカの将校の横浜クラブとして利用されていました。
接収が解除され、戦火をまぬがれた建物が現在も立派に利用されていることに、ちょッと感動を覚えます。
子供を持ち実家を訪れるたびに、父母と出掛けた伊勢佐木町の不二家が重なります。

↓現在の不二家
fgenzai1.jpg

↓接収されていたころ
IMG_07601.jpg

ペコちゃんはいつだって子供たちのアイドル ペコやんとともに成長してきましたから。

pekopoko4.jpg
pekopoko3.jpg

pekohon.jpg

現代人アーチストとコラボした面白い作品も展示してありましたよ。

yanasejpg.jpg

どうして横浜ではなく平塚美術館なのだろうという疑問もすぐに解決 
美術館の裏手に不二家の平塚工場がありましたから
kanbanp.jpg

猛暑つづくなか、ひんやりとする館内で、親子連れ、お孫さんずれが工夫をこらしたイベントを楽しんでおりました。
9月13日まで開かれてます。



美術館 | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク