ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

茅葺屋根のふきかえ 

我が家からは大きな道路を隔て、すぐ裏手にある、曹洞宗のお寺 天嶽院さん。
茅葺の山門それに参道がすばらしいお寺さんです。
kaisoumae.jpg

お隣には大きなスーパーマーケットがあるにもかかわらずここだけは特別静かな空間
春のうぐいす、夏のせみの合唱 此処から四季がはじまってくるよう
朝六時 夕方五時には決まって、梵鐘がゴーンと時を告げてくれ
「夕焼け小焼けの歌」の世界 地元におなじみです。

4月の半ばごろより山門に大きなビニールシートがかけられ、
たくさんの萱が運ばれ山門の屋根の吹き替え工事がはじまり、珍しいのでどんな具合か見に行きます。

つい10日ほど前はこんな状態で

yane1.jpg

7月1日(今日は)屋根のほうへ高く積み重なっているようでした。
yane11.jpg

萱をふく業者も少なくなったのでしょう。
いつも腰の曲がったおじいさん、と息子(?)の決まった二人
コツコツ丁寧に萱をふいていくのですからなかなかたいへんのようです。

スーパーマーケットの帰り、のぞきにいきましたら、先客がおりました。
散歩の途中気になって、見に来るというどちらかの殿方 茅葺の様子がなつ.かしいと......

今度はどんなふうにできあがるか完成が待たれます。
以前は我が家の辺りも農家の屋根は萱が何軒かありましたが最近は…
完成が楽しみですね。 UPして下さいね。

朝の散歩で近くのお寺西林寺から6時の鐘の音が聞こえます。
同じです。
[ 2014/07/03 15:49 ] 元ちゃん [ 編集 ]
じっちに みられるのって幸せですね。、
父の家の近くは 助け合って 葺いていました。
家も したのかな? じっと見ていた記憶があります。
松の木が 台風で倒れたり 妹が生まれるので びわを切ったり
懐かしい思い出です。ぼけなくても 昔のことは大切な思い出として 
なつかしく また、甘酸っぱいものです。
[ 2014/07/04 12:41 ] 小紋 [ 編集 ]
こんばんは !
私の田舎でも幼年期の時代は、藁葺の家が多かったです。
7~10年に一回葺き替えをしてましたが、集落の皆で作業をしてましたが
終わった時は、顔が真っ黒になったいた記憶があります。
[ 2014/07/04 19:47 ] 南の風 [ 編集 ]
元子さんへ こんばんは~
福島の叔母の家が茅葺でした。だからよけいに懐かしい
いろりを囲み団らんする風景 「故郷の歌」の光景そのまま....

京都に住んでいた姉は我が家に遊びに来ると、夕方5時に鳴る防災無線の「夕焼け小焼け」がとても新鮮で良いと言います。
京都はどこへ行っても「ゴーン」ばかりでつまらないと....
所変われば....なのでしょうか?



 
[ 2014/07/04 21:20 ] 信さん [ 編集 ]
小紋さんへ
夏休みに出かけた福島の叔母の家
茅葺の田舎の広い家、軒先に大きなアオダイショウがぶらさがり、ニワトリも猫も犬もみんな家族、おやつは畑のじゃがいも、とうもろこしを茹で、都会ではなかなか味わえない楽しみをもらいました。
山門の茅葺 今日も2人で頑張っていました。 完成が楽しみです。
[ 2014/07/04 21:39 ] 信さん [ 編集 ]
南の風さんへ
空襲で焼け野原になった横浜ではどこもトタン屋根のバラックが並んでいましたがそれでも、田園地帯のほうではまだまだ茅葺の御宅を見ることが出来また。夏休みに訪れる福島の叔母の家も茅葺
広々としとても涼しかったように記憶しています。生活環境の変化とともに、昭和も遠くなりにけりですね。
[ 2014/07/05 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク