ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

プーシキン美術館展へ 

横浜美術館へ
モスクワの「プーシキン美術館展(フランス絵画300年)」を見に行ってきました。
2年前の3月の東日本大震災、福島原発事故により一度は中止となったものです。

ロシアの美術館が何故フランス絵画ばかりと疑問を持ちましたが.....

ロマノフ王朝の時代ロシアの大富豪の中に産業発展国フランスへのあこがれが強かったという時代背景があるそうです。
ピョートル大帝とエカテリーナ2世によってフランス絵画の収集が始まったようです。

ロシア帝国末期になると実業家であり大コレクターでもあった、イワン・モロゾフとセルゲイ・シチューキンが絵画の収集に私財と情熱を注ぎ込みました。特に、モネ・ドガ・セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャン・ピカソ・アンリルソーまで、世界まれにみるフランス近代絵画のコレクションができ上がったそうです。

ルノアールの≪ジャンヌ・サマリーの肖像≫ 1877年
本物のサマリーステキでした~

bijyutu2.jpg

モネ・ドガ・セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャン・ピカソ・アンリルソーなどおなじみの画家の豪華版です。
17世紀前半から20世紀前半にかけてのフランス絵画の300年の推移を音声ガイドが良く解るように説明してくれました。
少し冷えすぎるような館内でしたが、見学者の熱い視線が途切れなく続き感動の1日でした。

横浜美術館では 7月6日から9月16日までその次は
神戸市立博物館で 9月28日から12月8日までの開催だそうです。


横浜美術館で開催されているんですね。
近いですし行ってみたくなりました。
第3月曜日に特典があるのですが…
何と言っても暑いですから様子を見ながら行こうと思います。
[ 2013/07/20 16:55 ] 元ちゃん [ 編集 ]
こんばんは~
今夜は涼しくゆっくり休めそうですね~
こんな気候の変化からか風邪をひいてしまいました~
横浜美術館は初めてでしたが、あのあたりは東京とはちがった雰囲気がありますね。ロシアの美術館がフランス絵画をこんなにも沢山収集したものかと.....感動しました。是非いらしてみてください。
[ 2013/07/20 23:04 ] [ 編集 ]
信さん、こんばんは
ロシアの美術館がフランス絵画ばかり・・・なるほど、そういう背景がありましたか
9月16日までですね
ありがとうございます

是非、行ってみます
[ 2013/07/23 00:07 ] Hulaさん [ 編集 ]
 即帰国の命令が出たり 各国の対応は素早かったですね。
 3年目にして 日本に送ってくれて 本当によかったですね。
 秋の神戸に 行けるかもしれないです。楽しみです。
[ 2013/07/24 19:38 ] 小紋 [ 編集 ]
Hulaさん こんばんは~ 
この蒸し暑さには閉口しうますね~
素晴らしいを絵画の数々に接して暑さを吹き飛ばしてきてくださいね。
[ 2013/07/25 21:28 ] 信さん [ 編集 ]
こんばんは~小紋さん
横浜美術館の回りは東京とはまた違った雰囲気があります。
お待ちかねだったように、観覧客がとぎれることなくならびます。
本物を見る 充実感がさりますね。
神戸をお楽しみくださいね。
[ 2013/07/25 21:40 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク