ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

横浜物語 

買い物がてらのぞいた本屋さんの一角の古本コーナー
料理本やら園芸本などなどあさっていると、その中に実家の古いアルバムにあったような懐かしい写真のつまった古本に目がとまり、手に入れて帰りました。
故郷について語ってくれる本 あのころの状況がぐぐっと浮かんできます。

yokohamastory.jpg


「聞き書き 横浜ものがたり」という本 「1945年から1965年代の横浜」

私は横浜生まれの浜っ子です。
父とダボハゼ釣りした山下公園界隈、メリケン波止場(大桟橋)、 カマボコ兵舎のこと、伊勢佐木町通り あこがれた美空ひばりさん、 市電、フライヤージム 若羽黒というおすもうさんetc.当時の思い出にひたれます。

貧しかったけれど横浜がいちばん生き生きとしていた時代に少女時代を過ごせたような気がします。

横浜は思えば異国情緒がありました。

窓を開ければ 港が見える~♪ メリケン波止場の灯が見える♪ 淡谷 のりこさんの歌を思い出しますね~  

港の出船入船もにぎわいがありました。
我が家のすぐ近くにはカマボコ兵舎が立ち並び長いこと接収されていましたから、よけいにそう感じられたのでしょう。

「されば~♪ 港の~♪ 数多かれど~♪
この横浜に~♪まさる~♪あらめや~ 昔~♪思へば~ とまやの~煙~♪」
これは横浜市歌の歌詞の一部です。

当時から現在に至るまで横浜市の学校の式典では必ずこの「横浜市歌」が歌われるのです。
横浜に住む孫と一緒に横浜市歌が歌えた時にはちょっと胸をはりたくなりましたね。


すでに実家はなくなりましたが、懐かしくて父母を思いだし熱いものを感じました。
姉にもこの本送ってあげたら喜ぶだろうな~
戦中戦後の横浜人には忘れられない思い出がつまっているずですから...

 
こんばんは
すっかりご無沙汰してしまいました
フラのお稽古先でのトラブルですっかり落ち込んでしまいまして
やっと復帰です
ボチボチ、無理せずいきます

こんな御本良く見つけられましたねv-10
私は横須賀生まれですが、磯子に叔母が住んでいましたので
小さいころからよく訪ねていました
チンチン電車の窓からは磯子の海で海苔の養殖をしているのを見た記憶があります
道路のすぐ脇が海だったのに
そこが何処だったのかわからない変わりようですね
御本を読んだら当時の事も懐かしく思いだせるのでしょうね

ボランティアをしている外人墓地からみなとみらいのビルディングが見渡せますが、そこが昔海だったなんて想像もできませんものね
[ 2013/03/29 01:43 ] Hulaさん [ 編集 ]
Hulaさん 桜も満開となりお久しぶりです~
またよろしくお願いしますね。
そうですね。本牧、三溪園、磯子、あのあたりは海の前に横浜市電が走って潮風の香りがしましたね。
私が小学生のころは、伊勢佐木町界隈はアメリカの兵隊さんがぞろぞろとおりました。戦争に負けたからということもあまり理解せず、戦争が終わって焼野原になったからみんな貧しいのだと、食べ物がないこともあまり苦になりませんでしたよ。
今思うと、本当に活気があり懐かしいです。
[ 2013/03/30 19:11 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク