ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

春呼ぶ贈り物 

「出来立てほやほやのいいもの送ったで~」と姉(関西在住の)より電話あり。
届いた小包は、春を呼ぶいかなごのくぎ煮でした。

ikanagokugi.jpg

瀬戸内海沿岸ではイカナゴ漁がはじまったようですね。
姉の住む地域ではモールなどの魚店で毎日3時ごろになると入荷したイカナゴが並び、待っていたように売り切れとなるそうです。
イカナゴの漁期は2月下旬から3月下旬までのほんの1ヶ月ぐらいとのこと、この地方に住むかたがたは新鮮なこのイカナゴをくぎ煮にするそうです。

煮る時は調味料とともに鍋に入れたら絶対かきまわしたらいけないそうで
昨年はちょっと柔らかくなり過ぎだったそうで、今年はうまくできたと自慢です。
関東にはもちろん生のいかなごは売っておりませんからどんな具合かわからずですが、
山椒の佃煮を入れ、辛からず固過ぎず良い具合です。

晩酌をしながら夫が美味しいの美味しいの連発 旬のものをおいしくいただけるなんて幸せなことですね。
信さん 今日の埃はすごかったですね。
黄砂かと思いましたが煙霧と言うらしいです。
午前中にお買い物に行って正解でした。

いかなごのくぎ煮のうれしい贈り物お姉さんの心も一緒に…
その年によって出来具合が違うのが素人の良さですよね。
関東では小女子と言うんですね。
[ 2013/03/10 19:28 ] 元ちゃん [ 編集 ]
今晩は !
美味しそうですね、私は食した事はないのですが
ご主人が、美味しいを連発しているだけで
伝わってきます。
お酒のつまみに、良く合うのでしょうね。
[ 2013/03/10 19:41 ] 南の風 [ 編集 ]
 くぎ煮の時期が やってきましたね。
 ブログで読むと そろそろ来るかなと思います。
 まいねん おくってくれているので・・・
 ご飯が行けて いけて 困る時期でもあります。
 
[ 2013/03/10 21:59 ] 小紋 [ 編集 ]
元子さんへ
昨日の暑さはどこへやら、また冬の衣類に逆戻りです。

区別がよくわからなかったのですが、まず「ちりめんじゃこ」と「しらす干し」は、カタクチイワシやマイワシなどの稚魚で
茹でたり天日に干したり、関東と関西の製法の仕方で呼び名がついているそうですね。

小女子はいかなご(玉筋魚)の稚魚だそうでこちらは同じ魚なんですね。
手造りのものは出来栄えはともかく、旬の味をありがたく味わっています。
[ 2013/03/11 11:22 ] 信さん [ 編集 ]
南の風さんへ
体をこわしてから、飲む料は少なくなりましたが、夫は毎日の晩酌の時間が一番いきいきとしているようです(笑)
風呂上りの一杯には山椒のきいた「いかなごの佃煮」
夫はビールが私は食が進み注意も必要です。
[ 2013/03/11 11:34 ] 信さん [ 編集 ]
小紋さんへ
佃煮類 あとにひきますね~
すでにごはん1杯が山盛り1杯に~
次のコレステロール値が気になります。
[ 2013/03/11 11:41 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク