ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

ソラマチ 東京スカイツリー 

この連休を利用して、大阪より姉が荷物持ちにと孫を連れ、これまた千葉で生まれた孫の顔を見にきているという。

1年生と6年生の女の子 渋谷かスカイツリーに行きたいらしい。
初めての東京をみせたいから一緒に案内してくれないかという。
こんなこともあまりないだろうからと混雑を承知で二度目の東京スカイツリー見物となりました。

予想どおり展望台への整理券は夕方6時半からだそうで.......××××
あきらめて目の前の桟橋から東京スカイツリーを眺める運河探検クルーズ30分に乗船
これは墨田区・江東区の社会実験を活用した企画(モニターツアー)で期間限定です。
運河が発達した墨田区・江東区エリアは かつては河を利用して荷物を東京港へ運び、大型船で各地へ物流輸送していました。 そんな面影が残る海抜0メートル地帯でした。
子供たちもちょっとした船旅に満足げでした。

船上から眺めるスカイツリーもいいものです。

sennjyou.jpg

水面に映し出されるさかさツリーきれいですね。
この運河上にスカイツリーの全景が映し出されます。
sakasatawa.jpg

お望みの水族館、ソラマチでのお買い物を終えたころにはライトアップを見ようと、見物客がさらに増えてきました。
lightup1.jpg
展望台は次回になりましたが、新東京駅もさらっと見学でき
「人間が多すぎるわ」とオドロキの東京のよう。天気に恵まれ、お気に入りのお土産も手に入れお腹も膨れて
初めての東京は大満足に終わったようです。
あ~疲れた
shintoukyou.jpg







 水に写るツリーは また素晴らしいですね。
 どこに行っても人が多く ぎょうれつするのは
 人数がちがうからと 納得したり いやだとおもったり
 6月は家人のグループ旅行 今年は東京です。
 行けるといいのですが。。。今は付録つきなので
 ?です。
[ 2012/11/28 06:03 ] 小紋 [ 編集 ]
こんにちは。
東京スカイツリー、完成してからは、まだ1度も
行けてないです。やっぱり、凄い人って言われると
躊躇してしまいますね。
スカイツリーのライトアップのクリスマスバージョン
って一時間くらいしかやらないとか聞きましたが。。。
[ 2012/11/28 21:36 ] 君平 [ 編集 ]
こんばんは~
土日は人人人の波 しばらくは遠慮したほうがよさそうですね。

隅田川や荒川東京湾に囲まれたこの0メートル地帯は水害から身をまもるため東京湾側との水位の調節をはかり船を通行させる閘門がもうけられていました。
その閘門のしくみを体験クルーズもあり、そのほうが興味深かったです。昭和の面影をたくさん残す下町でしたね。
[ 2012/11/28 21:42 ] 信さん [ 編集 ]
運河体験クルーズ 年明けに東京へ行くのでもしかして…
と思いましたが今月いっぱいで終わりのようですね。
水に写るツリーがなんとも言えず素敵です。

↑ 干し柿美味しそうにできましたね。
私の方も例の方法で2回作り あっという間になくなってしまいました。
[ 2012/11/29 14:54 ] 元ちゃん [ 編集 ]
君平さんへ こんばんは~
ゆっくり下界を眺められたらと思いますが、当分無理のようですね。

「東京スカイツリー」のライトアップは基本的に、1日ごとに色が変わり、青色の「粋」紫色の「雅」が日替わりで楽しめるようになっているそうで、点灯時間は19:00から23:00のようです。
スペシャルライティングの日もありますよ。シンプルでとてもきれいでした。

[ 2012/11/29 22:08 ] 信さん [ 編集 ]
元子さんへ こんばんは~
展望台へは予約しておかないとスムーズにはいかないようですね。
全国からツアーできている団体さんも登れずソラマチ散策で諦めていました。
社会実験の運河体験クルーズは運河の発達した江東区、墨田区の歴史をガイドさんのわかりやすい説明を聴きながら、船でめぐる楽しいひと時で東京の下町をたっぷりあじわえました。

クルーズは今月いっぱいでしたか~
アンケートの結果次第で今後また復活するかもしれませんね。
[ 2012/11/30 22:07 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク