ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

Whitman'sのチョコレート 

Whitman'sのチョコレートの空き箱です。

akibako.jpg

このチョコレートへの思い出話をしますね。

戦後の十分な食べ物に恵まれなかった時代、それこそ学校給食第一号、梅ちゃん先生の時代です。
甘いチョコレートを初めて食べたときは衝撃的でした。
横浜の街には占領軍のカマボコ兵舎が建ち並んでいましたから、アメリカの兵隊さんからチューインガムをもらったこともあります。
あるとき父がこのチョコレートをお土産に持ち帰ってくれたとき
そうそうこの箱の2倍ぐらいの大きな箱だったような......
丸いのやら、四角いのやら、アーモンドやピーナッツ入りのかわいいチコレート
姉妹で黄色い宝物のような箱に目を輝かせました。
毎日大切に少しづつ食べ、空箱の甘い残り香をかわるがわる嗅いでたのしんだ思い出。

数年前に横浜の某スーパーマーケットでこのチョコレート箱に再会 懐かしさで買って帰りました。
空き箱はやはりこうして....

夏に関西から見えた姉がこの箱をみつけ、チョコレート談義となりました。
「信さん覚えている?」
父さんが買ってきてくれたWhitman'sのチョコレート
「この空き箱 みんなでこうして匂いを嗅いだわね~」
だれも貧しいなんて思っていなかった、生き生きと輝いていた時代です。
父母につながる思い出話は弾丸のごとく続ききました。

そんな~時代も~あ~ったねと~
いつか~話せる~日も~くるわ~

あんな~時代も~あ~ったねと~
きっと~笑って~ 話せるわ~
このチョコレートは知りませんでしたが
私も横須賀に住んでいて お隣の子供のいないご夫婦が 米軍キャンプにお勤めで よく外国のクッキーや缶詰をいただいたのを思い出します。
TVもなくて紙芝居が楽しみでしたね。
[ 2012/08/31 19:21 ] 元ちゃん [ 編集 ]
元子さんへ

現在は何でもすぐに手に入る飽食の時代
ものを大切にいつくしんだ時代がどんなにか貴重だったかと懐かしく思い出されます。生活の中で自然に見についていきましたね。
紙芝居の黄金バットのおじさん、まわってくるのが楽しみでした。
[ 2012/09/01 21:29 ] 信さん [ 編集 ]
 チョコレートは あまり食べないので 知らないのですが
 祖母のところに親戚から送ってくる 泉屋のクッキーの箱は
 いつか一箱食べたいと 願っていました。
 神戸牛の味噌漬けも。 いま食べ過ぎが敵の年齢
 残念のような 一切れずつ宝石のように食べた時代が
 素敵なような・・・・
 
[ 2012/09/02 03:50 ] 小紋 [ 編集 ]
小紋さんへ
泉屋のクッキー 今スーパーでも売っているピーナッツの缶詰、外国のチョコレート缶などは今だに高級品とインプットされてしまっています。
だから空き箱が好きなのでしょうかね~
お好みで選べる時代になって今度は食事制限とは
まさに崩食に.....腹7~8分目を守れるよう1か月先の検診にそなえます。 
[ 2012/09/02 11:14 ] 信さん [ 編集 ]
信さんこんばんは
御無沙汰しておりました

信さん記念すべきお誕生日を迎えられましたか
おめでとうございます

チョコレートのお話し素敵なお話ですね
空き箱の香りまで楽しまれましたか
何だか絵になっています

ピンク色の消しゴムみたいなチューインガムや瓢箪型のゴム入りの氷・・・
いつごろまであったのかしら
今は干し芋も高級品ですよね

[ 2012/09/29 21:53 ] Hulaさん [ 編集 ]
Hulaさん こんばあんは~
お忙しかったことでしょう。

またいらしてくださってありがとうございます~
ちょうど戦後の物のない時代が育ちざかりの年齢で、おやつが筍の皮でまいた梅干しの時代でしたから、チョコレートはすご~く貴重品でした。
物を大切にわかちあうことも自然に身につき、良き時代でしたね。
[ 2012/10/02 20:40 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク