ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

お別れ 

姉の連れ合いが旅立ち京都に行ってきました。

何年か前の脳梗塞で、手足に不自由がありましたが、元気にデイサービスへでかけ、昼食中に気分が悪くなりそのまま帰らぬ人となりました。
長い間自宅介護を続けていた姉に この辺で自由になりなさいとでも言うようにあっけない旅立ちでした。
我が家の京都時代は両家でいろいろ楽しみをもちましたから、たくさんの思い出が蘇ります。
バラが大好きだったお兄さん
妹が自宅のバラの花を持参しひつぎに飾りました。

三日とあけずに電話で話しこんでいるのに、姉とこんな形で会えたのも10年ぶり、お互いに背が丸くなり、シワの刻まれる年となりましたが、双子のように似ています。
いつ何が起きてもおかしくないという年齢 覚悟を持って日々送らねばとあらためて言い聞かせています。
親族だけの感動的なお別れをしてきました。享年77才 合掌

今日は朝から 冷たい雨がふりつづき、ようやく咲き始めたバラの花も夕刻にはうなだれてしまいました。

フランシス ブレイズrroossee1.jpg

イレーヌワッツ
rroossee3.jpg

カーディナルヒューム は黒点病にもかかわらずたくさんの花をつけています。
rroossee2.jpg

そうでしたか・・・
77歳とはまだまだお若いですね
でもお姉さまの介護への感謝、もうゆっくりしなさいと・・・
そうかもしれませんね

バラがお好きだったのですか
雨にぬれたバラも義兄さんの突然の旅立ちを惜しんでいるかのようですね
御冥福をお祈りいたします
[ 2012/05/15 23:13 ] Hulaさん [ 編集 ]
義兄様のご冥福をお祈りいたします。
信さんの文章にも思いが込められていて…
2枚目の写真に涙が出ました。
合掌
[ 2012/05/16 20:29 ] 元ちゃん [ 編集 ]
Hulaさんへ
ありがとうございます。
前日には皆変わりなく元気という電話をもらっていましたので、このあっけなさに、皆戸惑いました。
これからの人生、1日1日を大切にいきなくては....としみじみ思っています。
[ 2012/05/17 11:08 ] 信さん [ 編集 ]
元子さんへ
ありがとうございました。
あまりしめっぽくなく、送ってあげました。
苦しまず、こういうなくなりかたをしたいと思いました。
生まれる時も亡くなる時もひとり、一人になる姉が少し心配ですが、乗り越えていってくれることでしょう。
いろいろな覚悟が必要な年齢になりましたね。

[ 2012/05/17 11:21 ] 信さん [ 編集 ]
こんにちは。
お悔やみ申し上げます。
私の場合、親が70代で結構アッサリ病気で
亡くなってしまってからは、少し人生感が
変わってきていて、今までだと、今後の楽しみ
と思う事が多かったのですが、最近は今
楽しまないと明日は無いかもと思うようになりました。
良い事なのか、悪い事なのか。。
[ 2012/05/17 12:28 ] 君平 [ 編集 ]
こんばんは~ 君平さん
ご丁寧にお悔やみありがとうございます。
君平さんのお父様もはやくなくなられましたね。
そうですね。本当にあっけないものです。
体の自由がきくうちに、やりたいこと、やるべきことをしておかなくてはと年々思うようになりました。
もうしばらくは、健康で楽しませてもらうつもりです。
[ 2012/05/17 21:29 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク