ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

東京スカイツリー 

東京の新名所 開業は2012.5.22  出来立てホヤホヤの東京スカイツリー周辺をおのぼりさん散策してきました。
展望台の入場券の予約はあきらめて、まずは下界から外観を近くよりじっくりと眺めよう。

はじめて訪ねる押上駅は(東京スカイツリー駅)とダブル表示され、駅を出、見上げれば、ドデーンとそそり立つ大きなスカイツリーがとびこんできます。「わぁ~でかい!」という興奮気味の声で沸き立ちます。
皆さん早速デジカメを取り出していますよ。

東京タワーは高さ333メートル、東京スカイツリーは武蔵の国で634メートル
私としては見慣れた東京タワーのほうが形が好きだなーなどぶつぶつつぶやきながら....
でもやっぱりすごい! 
中国の広州タワー(高さ600メートル)を抜いて、そびえたつ世界一高い自立式電波塔なのですから。

bubun1.jpg
ひこうき雲もこのように祝福しているようです。
hikoukigumo.jpg

近くからではツリー全体はカメラには収まらず、こんな鏡があちこちに用意されています。

こんな風に撮影していました。
kagami1.jpg


kagami.jpg

春休みとあって、見学者の多いこと
スカイツリーは出来上がったものの、後はまわりの関連施設、横を流れる河川の遊歩道などの整備が急ピッチで進んでいるようです。工事関係者や墨田区民が一丸となって支えている様子があちこちでうかがえます。
gogankouji1jpg.jpg

逆さ富士ならぬ逆さスカイツリーが見られるという北十間側ぞいを歩いてみました。
見えました見えましたよ。

sakasaturi1.jpg
3月20日から京成バスでは墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」というバスが運行され、北東部ルート、北西部ルート、南部ルートと3ルート墨田区内ほぼ全域を巡っています。
大人100円で1回限り乗り継ぎができますよ。
とてもかわいいキャラクターラッピングバスで 
sumirinkun.jpg

ガラス張り天上バスで、循環しながらスカイツリーを楽しむことが出来ました。
grasutennjyou.jpg

スカイツリー三昧で首がまた痛むほど楽しみ、最後は両国駅で下車 大江戸博物館へ
まだまだ見所たくさんでしたが時間が足らず、見ごたえある博物館は次回にもう一度ゆっくり楽しむことになりました。 
 できましたね。予約の報道 テレビでやってます。
 「いつかね」が 合言葉です。
 私も ここを歩いているので 行くのが楽しみ
 「いつかね」
[ 2012/04/02 19:52 ] 小紋 [ 編集 ]
こんにちは~小紋さん
今日は午後から大荒れになりそうです。
下界から眺めるどでかいスカイツリー顎が痛くなるほど眺めてきました。着工から3年8か月ですって!ご苦労なことでしたね。
天望デッキからの眺めはいつになるでしょう?
[ 2012/04/03 11:28 ] 信さん [ 編集 ]
こんばんは!
さすが信さんですね
もう見に行かれたのですね
なるほど登らなくてもこうして近くから見て楽し無方法がありましたか!
私も行ってみようっと


本日の強風は大丈夫でしたか
私はジムに行きかけましたが空模様が急に変わってきたので
やめて帰って来ました
[ 2012/04/03 22:19 ] Hulaさん [ 編集 ]
十分堪能させていただきました。
去年6月両国に用事で言った時 上まで出来上がったツリーを遠くから眺めましたが
真下で見ると迫力でしょうね。
少し混雑が収まってから一度は登ってみたいです。
[ 2012/04/05 15:55 ] 元ちゃん [ 編集 ]
HuLaさんへ
真下から眺める東京スカイツリーに圧倒されました。
半日見上げていましたので、あごが痛くなるという声があちこちで聞かれました(笑)
今日も強風がふきあれましたね。
[ 2012/04/05 20:45 ] 信さん [ 編集 ]
元子さんへ
武蔵から高さ634m電波塔として世界一の高さ、日本人の技術を誇りに思います。
最初のブームが落ち着いたら、今度は上からゆっくり下界を眺めてみたいです。


[ 2012/04/05 20:54 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク