ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

黒豆ご飯(男立ちの黒千石) 

今年の初めだったと思います。
スーパーマーケットで北海道産の黒豆(男達黒千石)というかわいらしい原種の小粒の黒豆を買いました。
黒豆ご飯にしてみると豆が小さくても、立派な大人のおいしい黒豆ごはができました。

夏になって、その残り豆を10粒ぐらい庭のプランターに、果たして芽がでるか?お遊びで植えてみました。
発芽して、この夏の猛暑にも耐えて、少しですが収穫できたのです。
さやが真っ黒になるとお豆も黒くなっています。

kurosengoku3.jpg

kurosengoku2.jpg


余り肥料も与えず小豆粒のようですが、お米、お酒、昆布、水で黒豆ご飯にしてみました。。

で~きた、できた 自家製黒豆のごはん 
さ~て その 出来栄えは ほんのり紅いろ ご覧の通りです。

kurogohan.jpg
 

信さん

地産地消 まさに理想の食卓ですね。
それに無農薬で。よく出来ましたね。
ピンクのご飯美味しそう!!
蒔いてみる?という
信さんの好奇心に触発されました。
今度珍しい種が手に入ったら やってみよ。
[ 2010/10/01 20:54 ] yu [ 編集 ]
へぇ―!
袋に入った豆を植えても芽が出るのですね。
食用では芽が出ないと思い込んでいました(^^;
黒豆大好きで、豆もちはもっと好きです(*^-^)
ご飯と一緒に炊いて美味しそうですね。
あぁーお腹がすいたぁー。
仕事から今帰ってきて、これから夕食です…。
[ 2010/10/01 21:00 ] エリー [ 編集 ]
yuさ~ん
今日は穏やかな洗濯日和となりましたね。

この黒豆の袋にはこの黒豆が生産されるに至った経緯が記されています。

それによりますと、原種50粒を30年以上保存していた田中淳さんがそのうちの28粒を発芽させ、商業生産にするため技術を教えた有賀丈二さん、成分分析をした北海道大学遺伝子病制御研究所教授の志村孝司さんなどなど、このお豆に情熱を傾けた男の方たちのロマンがんが秘められているようです。30年以上も保存が出来たのだからと思って植えてみましたら、4日後には発芽したのでびっくりでした。
プランターですので10粒ぐらいの苗、ほうっておいても莢がつきました。
黒豆ごはん1回分ぐらいの収穫ですが、喜びいっぱいでした。
[ 2010/10/02 10:58 ] 信さん [ 編集 ]
エリーさん こんにちは~
yuさんへのコメントにも書きましたが、このお豆は原種の小さい黒豆で、30年以上も大切に保存されていた原種50粒のうちの28粒からはじまったものと知り、ためしに植えてみようと思い、プランターに植えてみました。
生命力ってすごいものですね。考えるとちょっと感動しますね。
黒豆ごはん 粒の大きさが調度よいようでした。

[ 2010/10/02 11:06 ] 信さん [ 編集 ]
 凄いすごい 黒豆ご飯が たけてよかったですね。
 とにかく 埋めてみるという なんでもしてやろうという気持ちが 大事ですよね。
 近所のおばさんは 埋めるといいます。
 ちょんとした?黒豆の種をまき 莢もできて 中身が入らなかったことがあります。
 早くとりすぎた とかいろいろいわれましたが それも楽しい思い出です。 
[ 2010/10/03 10:08 ] 小紋 [ 編集 ]
小紋さんへ
この黒豆、今までに見たことがないほど、小さな粒でした。
30年も保存しておいた豆から発芽したと書いてありましたので、ひょっとしら...小学生の理科実験のつもりで....埋めてみたんです~
さやがだんだん黒くなるのを見たのも初めてで...
楽しい経験させていただきました。
[ 2010/10/03 12:56 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク