ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

閉館 

この街にただ一つ、頑張っていた小さな映画館(フジサワ中央)が8月31日で閉館することになりました。
残念というか淋しさいっぱいです。映画館が消えるたびに益々映画から遠ざかってしまうようで........
1950年(昭和25年)に開館し途中立て替えたとはいえ、60年の歴史を持つこじんまりとした街の文化財でもあります。
映画の全盛時代は満席で立ち見もしばしばであったと言いますが.....毎年客足が減少して....

思い起こせば昭和30年代だったでしょうか?
家族全員つれだって、夜の横浜イセザキ町の映画館にチャップリンの映画を見に行ったり、
お正月には焼餅持参で、友達どうし、紅孔雀、笛吹童子に大菩薩峠など3本立て映画を楽しみましたっけ。
ケータイ電話もゲーム機もない、映画が娯楽全盛の時代でしたね。



cyuuou3.jpg

最近は
新しい街にシネコン(複合映画館)が出来経営面で太刀打ちがかなわなかったのでしょうね。
劇場スタッフの気持ちを察すると.......胸がぐっとなります。

8月いっぱいまで「閉館の新聞ちらし」を持参で一般・学生さんは300円、中学生以下200円という60年間の思いをこめた割引サービスでしめくくるということで、さっそく見にいってきました。
夏休みの土曜日夕方でも観客は少なく淋しかったです。せめて8月最後のには満席になって盛り上げて見送って欲しいですね。

「借り暮らしのアリエッティー」 「RAILWAYS] でこの街の映画の灯が消えます。

今までに上映された映画の数々が展示されていました。
cyuuou5.jpg






こんにちは。
本当に最近は新しい商業施設が出来る度に
シネコンが併設されてることが増えましたよね。
銀座などの、名画を上映するこじんまりした
映画館のような雰囲気をもった場所も残って
ほしいと思いますが、中々難しいのでしょうね。
[ 2010/08/15 22:05 ] 君平 [ 編集 ]
君平さん
サンダルばきで、あいている時間に気軽に入ることのできる映画館でしたので、とても淋しい気がいたします。
街の活気もなくなってしまうでしょうし....
昭和の時代がますます遠くなってしまったという感です。、
[ 2010/08/16 10:15 ] 信さん [ 編集 ]
わが町の映画館もだいぶ前に閉館してしまいました。子供の頃 雨が降ったり 途中で切れたりの映画を見たことを懐かしく思い出します。今はレンタルで好きな時に好きな作品を家庭で観る時代になってしまったのでしょうね。
[ 2010/08/16 13:40 ] 元ちゃん [ 編集 ]
元子さんへ
小さな町の映画館が消えつつありますね。
小学校のころは学校から団体で、ウオルトディズニーの映画など見ににいきましたっけ。
そうそう映画に雨が降ったり、途中で切れてしまったり、いろいろありましたね。
映画が娯楽の時代だったので、記憶が鮮明に残っていますね。
[ 2010/08/16 18:38 ] 信さん [ 編集 ]
 はじめは 映画の3丁目の夕陽のことかと思っていたんです。
 ふと手に取った本で 違うことが分かりました。
 とてもいい内容でした。
 野球選手挫折の若い同僚に 三浦君が扮しています。
 宣伝で見ました 映画 見たいです。 
[ 2010/08/16 20:13 ] 小紋 [ 編集 ]
小紋さん
「RAILWAYS」とても良い内容の映画のようですね。
閉館までにもう1度見に行ってみたいです。
三浦貴大さんて、百恵ちゃんのお子さんなんですってね。
[ 2010/08/18 11:32 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク