ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

托鉢 

ベランダで洗濯物を干しをしていると、裏手のほうから数人のホーホーという大声が聞こえてくる。(法雨)と言うのだそうだ。
あっ あれは....去年も確かに聞いた....修行僧の托鉢の声です。

急いで階下に降りて玄関前に出て行くと、ちょうど我が家の前に...あじろがさにわらじ姿....
鎌倉の建長寺からでした。
托鉢のことを頭陀ともいい、僧が首からさげ、施されたものを物を入れる袋を頭陀袋と言うそうですね。
『願わくば この功徳を以って普く一切に」を唱え合掌して去っていかれました。
大きな声をあげて歩くのも修行、人のために、施す心を起こさせるのも托鉢修行のようで、たいへんなことでしょう。
朝から響きわたる大きな声を聞いて、平穏無事に過ごせますことをあらためて願いました。


托鉢
by nobusan
 禅宗のおぼうさんでしょうか。
 お天気のときはいいですが 雨や雪だとたいへんですね。
 今日は 雨 かなりぬれましたので ついそう考えてしまいました。
 
[ 2010/05/10 16:57 ] 小紋 [ 編集 ]
最近は繁華街や駅などにも托鉢風の人が
いて、本当の人なのかどうなのか分からないでいます。
でも、住宅街を回るといのは初めて聞きました。
先日の駅でお経を唱えている人がいましたよ。
[ 2010/05/10 21:01 ] 君平 [ 編集 ]
住宅地に托鉢の僧侶がお出ましになるなんて知りませんでした。
ありがたいお言葉に身も心も引き締まりますね。
チャイムを鳴らされるんですか?
頭陀袋の語源思い出しました。
[ 2010/05/11 14:47 ] 元ちゃん [ 編集 ]
小紋さん
禅宗では托鉢が良く行われると聞いたことがありますが、やはりそうでした。
鎌倉時代に成立した禅宗には、臨済宗と曹洞宗があるそうで建長寺さんは臨済宗の寺でした。
平安仏教から武士の時代に変わり、民衆の苦悩も多く、救いへの願いに応える仏教がたくさん生まれたそうです。

[ 2010/05/11 18:01 ] 信さん [ 編集 ]
君平さん
駅などで、ずっと立ったままで、托鉢をしている人は良く見かけます。私もこれはほんものなのかしら?なんて思うことがあります。
毎年今頃になると、数人でウオーウオーの声をはりあげてこちらの住宅街を通過していきます。どちらまでいくのでしょうか?頭侘袋を見て初めて建長寺さんだとわかりました。
鎌倉、藤沢ならではの珍しい風景なのかもしれませんね。
[ 2010/05/11 19:09 ] 信さん [ 編集 ]
元子さん
鎌倉に近いせいか、毎年同じ時期に托鉢が回ってくるようです。
数人で急ぎ足でチャイムなどは鳴らさず、1軒1軒頭をさげながら回っていかれます。
玄関前に出た時に、調度我が家の前に来たもので、とっさにエプロンのポケットから頭陀袋へ心ばかりのお布施をしました。神仏をとても大切にした母を思い出し、托鉢ご苦労様ですと声をかけると深々と頭をさげていかれました。
わらじ姿、あじろがさ、お寺で見かける弘法大師様の銅像のようでしたよ。
[ 2010/05/12 17:39 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク