ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

バレンタインチョコレート 

2月15日(日)はすっかりお馴染みになったバレンタインデー
最近は友チョコと言って女の子どうしが仲良しにチョコレートを送るような習慣になりつつあるようですね。
デパートのチョコレート売り場の賑わいはたいへんなようでした。

小学生の孫から届いたチョコレート 夫はこれが一番嬉しくて...ビタミン剤になっているよう...
いちごがあったので、我が家の殿方二人にいちごのババロア作ってみました。

reta.jpg

babaroa.jpg

いつからでしょうね
バレンタインが騒がれるようになったのは。
私がお勤めしている頃は?
我家も私からの薄っぺらいチョコだけ…
現役の頃はそれなりに「義理チョコ」を頂いて来て
ほとんど私が食べていました。
そして1ヵ月後には私がデパートで
「義理ホワイトデープレゼントを買う」のパターンでした。
[ 2010/02/16 16:15 ] 元ちゃん [ 編集 ]
 苺 赤い宝石 かわいらしくておいしくて
 みるだけで 幸せになります。
 うれしいチョコですね。
 ババロア この言葉も 幸せを 思い浮かべます。
[ 2010/02/17 05:57 ] 小紋 [ 編集 ]
元子さんへ
、1958年(昭和33)2月、メリーチョコレートが、新宿の伊勢丹デパートに「バレンタインセール」と看板を出したのが始まりらしいですね。。当時は3日間で30円の板チョコが5枚しか売れなかったそうで、その後森永製菓などが売り出し、広まっていったようです。
どうりで、お勤めしているころ、夫にチョコレート渡した覚えがありませんもの。
ホワイトデーにお返しを選ぶのも、夫の楽しみのようです。
[ 2010/02/17 10:04 ] 信さん [ 編集 ]
小紋さん
九州では甘王、佐賀ほのか、こちらでは女峰、とちおとめなど、みんな華麗なる一族だそうですね。
暖かいお部屋で冷たく冷やしたイチゴのババロアは格別でした。
[ 2010/02/17 10:28 ] 信さん [ 編集 ]
ご主人さま、それはそれは嬉しいでしょうョv-9
可愛いお孫さんから いつまでも若々しく元気でいてね、 なぁんてメッセージ付きのチョコレート頂いたら・・・
メロメロになってチョコレートも溶けてしまいそうですネ v-343

娘達の事を思い出すと、 先生へ、とか クラスメートの間で男女無関係に交換してました。
日本では 『友チョコ』 とか呼び名を付けるのが面白いと思いました e-343

我が家ではもう何年もチョコレート無関係。  今年はお花も要らないからね、 と断言してしまいました。 (後で後悔・・・笑)
去年から禁酒?してる私なので ワインも無し、 と言ったバレンタインでした~ v-407
あ、 我が家はずっと夫から何かプレゼントを頂く日だったので 元々下戸でチョコレート敬遠してる夫には意味なしのバレンタインだった様です (笑)。


[ 2010/02/20 00:18 ] Azky [ 編集 ]
Azkyさ~ん
日本でも最近はバレンタインデーの傾向が少し変わりつつあるようです。
本命の彼には勿論でしょうが、女子学生同士が、お互いに送りあう、友チョコの売り上げがとても伸びていると言うことでした。
我が家でも糖尿病の夫には孫からのプレゼントが最高の薬でした。
[ 2010/02/22 11:06 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク