ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

江ノ島へ 

まだまだ残暑厳しい日々ですね。
近いけれど遠~い江ノ島  本当に久しぶりに足をむけました。

夏休みが終わっても、ものすごい人出、まだまだ江ノ島は健在です。
パソコンのお仲間と江ノ島にある、かながわ女性センターへ....映画鑑賞「終わりよければすべてよし」
介護の実情をこれでもかという程をみせられました。
やがて誰にでも訪れてくる老い、ターミナルケアなどの終末期医療、自分をどのように終えるか? 問題は山積み難しいです。
帰りは暗い気持ちになり足が重くなりましたが.....
みんなで、島内にあるおまんじゅうやさんで、昔なつかしい素朴なモナカアイスをほおばり、
竜宮城のような小田急江ノ島駅を出るるころには海も満潮になり、薄暗くなっておりました。
日が短くなりましたね~

enoshima10.jpg
にぎやかな参道から一歩仲道にそれると釣り客の民宿やつりえさ店がたち並ぶ裏道りがあります。

natuenoshima.jpg



見ておきたい映画です。
 体力が落ちて 旅行に行かない親を どうするか。
 3日くらい大丈夫と本人は言っても 電話だけで きてくれない のんきな妹。
 やはり 本人は熱があると タクシーにのって 叔母をつきそいに 私の主治医で 受診していました。
 それだけで 大丈夫と思いますが・・・・
 帰ってきてからは、私がいるだけで 安心するようです。
 私は 疲れます。はい たまには愚痴らしてね。 
[ 2008/09/08 19:51 ] 小紋 [ 編集 ]
母は高齢ですけどまた独りで暮してます。
頼る人がいない所為かまだ矍鑠として。。。
ブログで介護なさってる人達の記事を読むたびに心痛む私なんですよ。
この映画も是非見て勉強したいです。

江ノ島にはこういう風景もあるんですね。
なんだか故郷の房総を想い出しました。
センチメンタルになるのは秋の所為でしょうか・・(苦笑)

[ 2008/09/09 03:21 ] 梓の小鳥 [ 編集 ]
江ノ島は 狭い道の両側のお店が 昔懐かしい感じで いつまでもあのままでいてほしいと思います。私も3年近く行っていませんがシラス専門店“とびっちょ”で並んで食事しました。
“老い”がテーマの映画ですか。誰にも必ずやって来る 避けて通れない道…春に88歳で亡くなった母が私の理想ですが そのように行くかどうか。。。せめて体と頭を鍛えてなるべく自立していきたいものです。
[ 2008/09/09 21:10 ] 元ちゃん [ 編集 ]
小紋さん こんばんわ~

私のまわりでも、集まると話題にのぼるのはやがて訪れる老い、親の介護の話です。
介護による疲れで、ストレスがたまり、不調をうったえているかたも多く、お互いに愚痴を言い合って心落ち着かせ、元気を取り戻して日々送っているかたがたくさんいますね。
老老介護の時代...
皆が安心して、最後を迎えられるそんな時代は夢なのでしょうか?
夫の母も92才...
遠い田舎で暮らしておりますが、会うたびに小さくなり、歩行も困難になりつつあります。

子供に頼れない時代、体が動かなくなったときを思うと不安になりますね。
ひとごとでないことをいつも感じています。
[ 2008/09/09 21:24 ] 信さん [ 編集 ]
小鳥さん  こんばんわ~

一人暮らしをなさっているお母様のこと、はるばるバ~ジニアからご心配なさっている小鳥さんのお気持ちよ~く解ります。
何かあったとき、すぐに様子を見ることが出来ないことってとてもつらいですよね。
お母様も小鳥さんの気持ちよく理解して、小鳥さん家族の幸せを願っていることでしょうね。
しばしばあえないぶん、たくさんお声を聞かせてあげてくだっさいね。
お母様も、安心され、励まされると思います。

江ノ島も漁港ですから、房総と似ているのでしょうね。
江ノ島の展望塔に登ると、はるかむこうに房総半島がねそべってみえますよ。
バ~ジニアは遠いですね~



[ 2008/09/09 21:43 ] 信さん [ 編集 ]
元子さんへ
高齢化社会の実情を2時間10分程、日本、スエーデン、オーストラリアと紹介する映画でした。
解決策が見いだせなくて、暗い気持ちになり足取りは重く....

元子さんのお母さまのように、なるべく自立して生きて生きたい.....そうすることができるかどうかは?

「ためしてガッテン」で放映していた
1.有酸素運動をする。
2.出来るだけ、人と会話を持つ
3.生活習慣病を予防する。
を実行し、自立できる期間を延ばそうという話で1日が終わりました。

[ 2008/09/09 22:03 ] 信さん [ 編集 ]
写真に写っている「いのうえ」は
私が江の島に行くと、
いつもお昼を食べにいく食堂です。
素朴な食堂だけど、魚はバッチリ!
美味しいですよ。
生シラスも、入らない日も多いけど
(本物の地元産だから)
あったら、これは絶品です。

映画・・・ きつかったですね~
あの映画、長すぎますよね。
もっと編集をうまくして、1時間40分くらいでまとめて欲しい、
と、観ながら思ってました。

現実をつきつけられると、重たいですね。
無理やり生かされてしまう介護より、
尊厳死を選べたら・・・と思いますが、
結局は、恵まれるか恵まれないかは、自分ではどうしようもないか?と
ナレーターも淡々として、良い映画ですが、重たい映画でしたね。
[ 2008/09/12 07:13 ] sarasa [ 編集 ]
sarasa さんこんばんは~

kabaさん、ゆりさん、Tさんといつものメンバ~で行ってきました。
本当...あの映画きつかったです。
あの映画に出てこられた方がたは、ずっと幸せなかただと思いますね。
実際の介護は、もっともっと悲惨なものもあるでしょうし、自分の結末というものは、自分のえがいているシナリオどうりにはなりませんものね。せめて出来る限り自立していけるよう努力することぐらいでしょうか?
この問題を考えると、光が見えてきませんね。

いのうえという魚料理店ですね。
情報ありがとうございました。次回はシラス丼でも食べてみようと思います。
[ 2008/09/12 21:12 ] 信さん [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク