ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

中華街の春節 

中国のお正月(春節)が始まりましたね。
横浜生れ 育ちざかりのころには中華街を 南京町と呼んでいましたっけ。
母が亡くなったのも、春節のころ。 
邪気をはらう爆竹の音 活気のあるあの獅子舞を思い出し、出かけてきました。

ご覧のとおりの混雑  日本語、韓国語 そしてここでは中国語が飛びかう。 ここは中国と錯覚してしまいそうです。
shishimai3.jpg

おみやげの肉まんを購入している際に運よく お目あての獅子舞に出会いました。
近くでよ~く見ると、獅子舞は二人体制 高く体を伸ばす時は肩車をし。体操選手のような機敏な動き
各店をご祝儀をもらいながら回っていました。

どちらの国でもお正月を迎える賑わいは良いものですね。
さて今年は世界はどんな風に変わっていくのでしょうか?
shi9shimai2.jpg shishimai1.jpg




 
伝統行事 | TB(0) | コメント(-)

くまモンさん 

日曜日のことです。
いつものように駅への買い物 
冬物バーゲンセールでも覗いてみようとデパートへ向かうと遠方からのかわいらしいお客さん くまモンさんに会えたのです。
熊本の物産特集の応援にやってきたのでした。
イチゴ・柑橘のバンペイユ・ポンカんなどの熊本の物産紹介や かわいいくまモン体操などで子供も大人もおお盛り上がり 
熊本の応援部長さんは大活躍
帰りにはもみくちゃにされ、寒風の中 くまモンだけはきっと汗だくね。ご苦労さまでした。

kumamon22.jpg

kumamon3.jpg

kumamon1.jpg



  
身の回りの生活から | TB(0) | コメント(-)

浮世絵双六とおもしろ東海道 

辻堂にできた浮世絵館の新年の催しです。  「浮世絵すごろく勢ぞろい」が見たくて行ってきました。
同時に展示してある歌川芳員の「おもしろ東海道五十三次」コーナーが滑稽で、浮世絵作家の価値ある展示物が無料で見ることが出来るのですから嬉しいことです。
お子さんたちにもわかりやすく説明がされ熱心に見入る小学生の姿も見受けられましたよ。
江戸時代には東海道五十三次を進む道中双六や出世すごろくなどいろいろのすごろくが作られたようです。

↓浮世絵双六の一部です。
歌川広重  東海道遊歴双六        嘉永5年(1852)
日本橋が降り出し 京都が上がりとなっています。五十三次の宿場以外を回るルートがあります。
toukaidouyuureki1.jpg

作者不詳   四季のたのしみ双六  弘化年間(1844-1848)
四季の行事、風物を主題にした双六
shiki1.jpg

豊原国周   東海道俳優双六       明治15年(1882)
東海道の宿駅にゆかりのある歌舞伎演目の当たり役になった役者さんを描いてあります。
ちなみに藤沢は白波五人男に登場する弁天小僧菊之助が描かれています。演ずるは明治期の五代目尾上菊五郎さんだそうです。  
kabukihaiyusugoroku1.jpg

昭和20年代~30年代 子供たちの遊びと言えばお正月の福笑い、犬棒かるた、双六、女の子のセルロイドの人形遊びやおままごと、着せ替え人形にきいちの塗り絵などなど私はこんな遊びにあけくれながら成長しました。
トランプや双六は近所のお姉さんやおばさんを交えてよくやったものですが、どんな種類の双六で遊んでいたのか記憶が抜けてどうしても思い出せず残念です。
あの時代がとても懐かしい~
こうした話になるととどめなくいくらでも語れちゃうって老いた証拠
帰りには、使うことはないと思いながら、お土産に東海道名所案内双六を一つ購入してしまいました。

美術館 | TB(0) | コメント(-)

instagramの勉強(29年初ワイワイデジタルサロン) 

今年お初のデジタルサロンが開かれました。
今回も超初心者コースや、初心者などいくつかのコースがありますが、今回はちょっぴり趣向を変えて、はやりのinstagramのコースに挑戦
13605-featured-100x100.jpg

ワイワイがやがやと 初のアプリのアカウント登録に夢中
皆が一斉にWIFIを使用するので、ipadが固まり状態、ユーザー登録に時間を費やしましたが、ツイッターやフェイスブックと同様のSNSで、スマホなどで撮影した写真などを、編集して共有するものなので、皆とても楽しそうで、なんとなくゎかったようで、解らずとも、誰かが背中を後押ししてくれます。

最近何事も億劫になりがちな私 学ぶこと多く 刺激を受け元気をもらって帰宅します。
パソコン | TB(0) | コメント(-)

年賀状から 

親類、友人、古いお付き合いで年に一度の交流などの有り難い年賀状が届きました。
ただ年々変化しつつあるのは、喜寿になったから、体調を崩したからなどの理由から今年をもって年賀状を失礼いたしますというものが増えたことです。

膝・腰の治療をしているやら、夫が脳梗塞や体調を崩し入院中など体調の変化を訴えるものが多く切なくもなりました。

おりしも昨日の朝刊では高齢者は75才から、 65才から74才までは高齢者の準備期なんて位置づけられたそうですけれど、確かに以前よりは、皆さん溌剌として元気な方がたくさんいらっしゃる。
でも65才はやはり65という年齢。体力的にも衰えが見えて、元気な人は元気な高齢者でいいじゃあないのと思えます。
とにかくなるべく病気にかからぬよう、生活の質をおとさぬよう1日1日を大切に心がけていきたいです。
IMG_1403.jpg


身の回りの生活から | TB(0) | コメント(-)

第93回箱根駅伝応援 

朝から穏やかな青空 1月2日は恒例の箱根駅伝の応援へ夫と出かけました。

いつもの第3区 (戸塚中継所~平塚中継所までの21.4キロ)の遊行寺坂が応援ポイントです。
今年は地元の神奈川大学が先頭を切り坂をくだってきましたので、どっと応援が湧きました。
往路優勝は青山学院でしたが、神奈川大学は 健闘の6位でした。
29yugyouji2.jpg

29yugyouji3.jpg

遊行寺境内は初詣参拝客で大賑わい
おみくじを引いたら大吉  中ぐらいで良いから 健やかに1年を過ごせますように!!と祈願
29yugyouji1.jpg

伝統行事 | TB(0) | コメント(-)

開けましておめでとうございます 

穏やかな年の幕開けとなりました。

burogushinnen.jpg
伝統行事 | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク