ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

友人の入院のこと 

20年来の友人 先月風邪を引いて臥せっていると話して以来音沙汰がない。
元気に飛び回っているのだろうと思いきや、7月半ば入院が決まったという。

以前から腹部が痛んだり、膀胱炎になりやすいなどといっていたが、39℃の高熱がで、検査の結果 尿管に大きな石が詰まりへばりついているとのこと。
石を砕く破砕センターを紹介され、2週間ほど入院の予定だという。
結石が破砕できない場合は回復手術になると、いつも底抜けに明るい彼女が不安で落ち込んでいた。
もっと早くに検査してもらっていたら、石もこんなに大きくならずに済んでいたかもと。
「後悔先に立たず」ですが

若いと言っても長く使い込んできた体です。そこここ何かしら痛んでくるものですね。

専門の先生がきちんとやってくれるから心配しないでと励ましたものの、他人事ではない。
お互いに、日頃から血糖値も高いことです。
そこから先は努力しだい
今まで以上に「糖・脂質・外食の制限」等に留意しようとわが身にも言い聞かせています。

食べる楽しみ半減みたいですが、とにかく早く元気になってもらわねば....
彼女の手術無事うまく済んでくれますように!!


庭にようやく咲いたハナショウブです。
9168.jpg




今年の百合は? 

毎年頂く新聞販売店さんからの百合の球根プレゼント

今年の百合はオリエンタルりりーの「サルタレロ」華やかな大きな百合
花びらがクルりッとカールしています。

saruta.jpg

saruta1.jpg

ヤマユリ・鹿の子百合・サクユリ(伊豆半島原産のユリ)などを他の百合とを交配して作られた香りの高い大輪の東洋のユリをオリエンタルリリーと呼ぶそうで有名なカサブランカもお仲間です。

アプリコットオレンジとでもいうのでしょうか? 草丈70cm~80cmぐらい
花ことば(高貴)
右エンジ色は去年のだったか?こちらもオリエンタル
少しくどい感もありますが、芳香を放ち存在感があります。
毎年球根を頂くことでご近所では百合の花が沢山見られいいものです。

今日は夫の眼科と腎臓科の通院日
腎臓の数値は相変わらずですが高値安定、眼科の網膜のほうの検査も落ち着きひとまずほっとしました。

天気予報がはずれスコールのような雨にあい洗濯物がずぶぬれとなりました~
台所の湿気 冷蔵庫の汚れ、庭の雑草も気になります。家事は終わりがありません。
最近の梅雨の雨はゲリラ雨が多くなったような気がしますね。

水郷のあやめづくし(水郷潮来・水郷佐原) 

潮来花嫁さん・潮来の伊太郎など歌の題材となっている水郷地帯潮来・佐原巡りをしてきました。

潮来市を地図でよく見てみますと....
茨城県の東南部に位置して、回りは北浦、霞ヶ浦、北利根川、外浪逆浦と水辺に囲まれお隣の千葉県香取市周辺まで、水、水、沼地とともに暮らす環境が見られます。花菖蒲やハス・レンコンの生産地というのがうなずけます。

マンフォールの蓋も花菖蒲の力の入れよう

manhourufuta.jpg

ろ舟の舟着き場ではミス・あやめさんたち?のお出迎え 伊太郎さんも見えますね。
itarou.jpg

robune1.jpg
あいにくの雨模様でお花もショボン......

itakoayame2.jpg

itakoayame1.jpg

ちょうど嫁入り舟の花婿の待つ北利根に向けての旅立ちが始まっておりました。

itakohanayome1.jpg


潮来花嫁さんは♪~潮来花嫁さんは~♪ 舟でゆ~く~
と花菖蒲に色を添えていました。



こちらはお隣の千葉県香取市に位置する水郷佐原 水生植物園です。
東洋一と言われるだけあり、アヤメ、カキツバタなど400品種150万本という江戸系・肥後系・伊勢系の花菖蒲が開花 それはそれは見事でした。

suisei1.jpg

suisei2.jpg

suisei3.jpg

suisei6.jpg

園内の広さ、花花の美しさを堪能できましたが早朝の出発 歩いて歩いてクタクタの1日でした。

二つの展覧会「デッサン会展と水彩画展」 

以前にも紹介したことがありますが、若い友人N子さんが出品されているデッサン会展と
鎌倉芸術館ギャラリー水彩画展へ行ってってきました。

まずは多くの作品の中から彼女のはどれ?とあてづっぽうに探してみました。

デッサンを習い始めて4~5年「まだ色は塗らせてもらえないの」という彼女
来年は色を使えるように希望を持ってとにこやかに話す彼女は輝いて見えます。 
デッサンが出来 色をつけるのが当たり前と思っていたことにビックリでした。

デッサン会展の彼女の作品
dessan1.jpg


鎌倉芸術館水彩画展
こちらでは作品を眺めていると「これは私の描いた作品です」と丁寧に絵の解説をしてくださったりと熱がこもります。同じ題材の絵でも 作品それぞれに個性があり、一人で描いているより、それぞれ刺激しあって楽しめるとおっしゃっていました。いくつになっても描けるってステキですね。

は彼女の作品です。
yamazaki1.jpg
↓希望
kibou.jpg

↓魔法の小枝
mahounokoeda1.jpg

たくさんご紹介したいけれど、私のお気に入りの鎌倉らしい風景・いとこたちの住む福島に思いをはせ載せてみました。

八幡宮の朝
mikosan.jpg

春霞の腰越海岸
koshigoekaigan111.jpg

裏磐梯の秋

urabanndainoaki.jpg

鶴ヶ城
turugajyou11.jpg


↓ひととき     行秋sakuhin3.jpg

梅漬け 

梅雨らしい陽気に変わりました。
雨にぬれるアジサイの葉 風情があります。ここにデンデンムシと雨カエルの鳴き声が聞こえる光景が好きですが、このあたりではカタツムリもあまりみなくなりました。

tendouaji3.jpg
外出はやめと決めていましたが、冷蔵庫内の野菜がさみしそうで、夫とともに地場野菜の市場(ワイワイ市場)へ買出しに....
トマト、キャベツ、ソラマメ、小松菜、大根などなど新鮮なお野菜は生き生きとおいしそうです。
今年は地場の○○さんちの梅 南高梅ではないけれど、とりあえず3キロをカメに仕込みました。
カビがつかぬよう、焼酎に梅をひたして塩分控えめの塩漬けにしてみることに
3週間おいしく漬かるのだぞ!!と気合を込めて

aozoraume1.jpg

kame.jpg



プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク