ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

富岡製糸場 

コンクリートもセメントもなかった明治維新を迎えたばかりの日本で....
生糸の生産は当時の輸出産業を大きく支えていました。

殖産興業政策を急務とした政府は、生糸の大量生産、品質改良をめざして、器械製糸工場の導入を図りました。
富岡製糸場明治5年群馬県富岡に官営工場として建設されのちに民間企業へ払い下げとなり、明治14年から片倉工業が、昭和62年まで、115年間にわたり、操業されました。

養蚕が盛んであったこと、広い土地、燃料(亜炭) 水の確保、外国人の指導による工場建設に住民の同意があったことなどの理由で富岡が選ばれたそうです。「パンフレットによります」

現在も当時のまま、保存管理され残されている。それがすごいのです。

東繭倉庫(1階は作業所として2階は乾燥した繭を貯槽したそうです)
案内ガイドさんが富岡製糸工場の随所に残る工夫、当時のエピソードなど魅力を熱く語ってくれます。

木造の骨組み、レンガを積んだ「木骨レンガ造り」
屋根は日本瓦でセメントのなかった時代、漆喰でレンガを積みあげた西洋建築と日本建築を組み合わせて建てられています。
tomioka2.jpg

tomioka4.jpg

操糸場(繭から生糸をとる作業が行われて場所)
当初はフランス式操糸器300釜がおかれ、世界最大規模だったそうです。

tomioka16.jpg
操糸場の天上です。
この建物は従来の日本にない「トラス構造」という建築工法を用いています。
建物内部は柱がなく、釜が並び動きやすく、さらに採光のためガラス窓になり、たくさんの蒸気を抜くため越屋根に鳴っています。
tenjyou1.jpg
ガラス窓
garasumado.jpg

tomioka11.jpg
この工場建設の指導者フランス人のポール・ブリュナが家族と過ごしたブリュナ館、女工館、検査人館など、見所がたくさんあるのですが、また別の機会に掲載できたらと思います。

道路が渋滞するからと、早朝5時前に家を出発 めずらしく息子の運転で群馬県のあちこちを超特急の日帰り旅行でした。
以前富岡製紙場の映像をテレビで見たとき、一度は訪れてみたい場所と思っていましたので、短い時間でしたが、語りつくせないほど感動を覚え帰宅しました。

水彩画展 

友人のデッサン会展 水彩画展 その間にデジタルサロン(パソコン関係) 通院 鎌倉へお出かけ
先週はとにかく忙しかった。
大船の鎌倉芸術館にて友人N子さんの水彩画展最終日
出品者のみなさんの力作をどうにか見ることができました。
↓ 一部の作品です。
会場に入りすぐに目についた作品です「傷癒えず」kizuietejpg.jpg

↓2点はN子さん作品「思い出の香り」
独特の雰囲気を持つ彼女の柔らかい絵を味わってきました。
omoide nokaori
「横須賀ヴェルニー公園」noriko2.jpg


niten.jpg

昨年に引き続き、作品ごとに作者の自画像が.....それがギャラリーの雰囲気を暖かくしています。
作品の前に立ちご自分の作品をいとおしく眺めながら丁寧に説明してくださる方、感想を求める方、とても熱心でした。

鎌倉の旅番組で見かけるこの車やさんの絵も....
「くるまやさん」
kueumayasan.jpg

suisai1.jpg

「コッツウォルズの水門」kottu.jpg

紹介できないほどたくさんのすばらしい水彩画鑑賞に浸ってきました。

鎌倉 散歩 

鎌倉の浄妙寺境内の高台にイングリッシュガーデンを眺めながら食事が出来るレストラン(石釜ガーデンテラス)があるという。
食べ歩きはあまりしないほうなので、久ぶりの鎌倉へでもと友人のお誘いすぐに実行です。
鎌倉駅からはゆっくり萩の寺(宝戒寺)や杉本観音など寄り道しながら梅雨の二階堂方面(浄妙寺)へと向かいました。

目的のレストランはこの浄妙寺山門の中
jyoumyousanmon1.jpg

↓この浄妙寺本堂の高台にありました。
jyoumyouji.jpg


jyoumyou11.jpg

厳かな雰囲気がぐっと変わります。「石釜ガーデンテラス」です。ishigama1.jpg

さわやかな風に吹かれながらテラスでのお食事です。
イングリッシュガーデンでは外国のガーデナーさんも作業をしていらっしゃいました。
お食事はゴルゴンゾーラのパスタなど
お味はちょっと塩分がきつめだったかな? 
カンパーニュや名前が覚えられない石釜で焼いたパンはみなおいしかったです。 お腹に収めてしまって写真はありませんが
ishigama5.jpg
山々にいだかれウグイスの鳴き声が冴え渡り、私たちを歓迎してくれているよう......
ishigama6.jpg

満腹になって住宅地の裏道を歩きます。
「この川は夜になると 蛍がたくさん舞うのですよ」「夜にいらっしゃい」と地元のかたがとっておきのニュースを教えてくれました。
天園方面からのと瑞泉寺方面からの清水が合流しているそうで、清らかな流れです。
住宅地の庭先にホタルが......
本当はホタルにいちばん会いたかった~と密かに思いました。

hotarugawa1.jpg

鎌倉案内といえばリキシャマン
若いカップルが...
yoritomo.jpg
この階段の上には源頼朝公の墓所があります。

bosyo.jpg

鎌倉のごく一部ゆったり新緑につつまれながらの1日でした。

アジサイを見ながら 

息子がもらってきた風邪を今度は夫婦でもらってしまったよう。
コンコンコンが響き渡ります。
日曜月曜は家にこもり、気になるもろもろのことに目をつぶりゴロゴロ....やはり休養すると回復も早いですね。
雨音を子守歌に眠りすぎたのかしら? 今朝は浦島太郎になったような気分でした。
その合間に本屋大賞にノミネートされた本も一気に読むことができました。

honya1.jpg

ビブリア古書堂の事件手帖
鎌倉を舞台にした古本屋の美しい女店主(篠川栞子さん)が古書にまつわる謎をたちどころに解くというおもしろい本でした。


整形外科医院までは10分ぐらいの道のりを歩きます
塀越しに見た見事なアジサイです。季節の変化を楽しみながら
PAP_00772.jpg
こうするとカシワバアジサイも見事ですね。
kashiwaba1.jpg
アジサイの七変化
PAP_00751.jpg
ガクアジサイすずしげです。 
gakuaji111.jpg





赤いスイトピー 

赤いスイトピーは松田聖子さんの有名なヒット曲だけれど
私にはず~っとスイトピーは薄いピンクっていうイメージでした。

春先に 園芸店で赤色スイトピー苗を見つけて植えたところ、曲のとおりのスイトピーが開花
赤いスイトピーを見たの初めてです。 とても美しい真紅の色に感動し....

春色の汽車にのって 海につれていってよ~
I will follow you~


朝から何度も口ずさんでいます~

akasweet.jpg

ところでスイトピーの赤色はつい最近までなかったそうなんですよ。(偶然ネットで発見)
三重県伊勢市のスイトピー直売店のかたの努力によりスイトピーの赤色が生み出され、本格的に出回ったのは2006年からだそうなんです。
この歌のヒットにのせて新しい色が生み出されたとは.....
かわいらしく強いパワーをもっているような赤いスイートピーです。

苔玉つくり 

買い物がてら、長久保公園をのぞいてみた。
この公園は藤沢市の緑化植物園なので、四季折々の植物が見られ、結婚や出産などの記念樹の配布をしてくれたり、園芸相談、いろいろなイベントが随時行われています。
ハーブ祭りには少し早いけれど、フェンネルやコモンマロウ、タイムなどは咲きそろい、香りを好む蝶やハナアブが飛び交っていました~

コモンマロウとマーシュマロウ
marou.jpg
フェンネルも青々と茂って.......
ウイキョウってよく聞きますよね。(このフェンネルの種を乾燥させたものです。痰きり、胃薬として利用されているそうです。)
fen.jpg


園の管理事務所では苔玉つくり300円)からの体験があり、面白そうなので、私も一つ作ってみることに.....

ハゼの木 と ぎぼうしだったかな

ケト土ピートモスの混合 は四万十川付近で取れたハイゴケだそうです。

使用する草木を選び形を整えて、根に団子状に土を巻き、その回りにハイコケをしっかりと巻きつけ、糸でしっかりしばる。それで完成です。

お皿等に置き、あとは時々水にじゃぼんと浸し、半日陰に時々出してやると、苔が青々とするようです。
こんな具合です。とても涼しそうでしょ!

家でさっそくと思いましたが、あれっ~ハイゴケがない
園芸店にでも売っているのでしょうか?それともネットで?
とりあえず家のミズゴケで...トライしてみましょう。

kokedama1.jpg
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク