ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

東京スカイツリー 

東京の新名所 開業は2012.5.22  出来立てホヤホヤの東京スカイツリー周辺をおのぼりさん散策してきました。
展望台の入場券の予約はあきらめて、まずは下界から外観を近くよりじっくりと眺めよう。

はじめて訪ねる押上駅は(東京スカイツリー駅)とダブル表示され、駅を出、見上げれば、ドデーンとそそり立つ大きなスカイツリーがとびこんできます。「わぁ~でかい!」という興奮気味の声で沸き立ちます。
皆さん早速デジカメを取り出していますよ。

東京タワーは高さ333メートル、東京スカイツリーは武蔵の国で634メートル
私としては見慣れた東京タワーのほうが形が好きだなーなどぶつぶつつぶやきながら....
でもやっぱりすごい! 
中国の広州タワー(高さ600メートル)を抜いて、そびえたつ世界一高い自立式電波塔なのですから。

bubun1.jpg
ひこうき雲もこのように祝福しているようです。
hikoukigumo.jpg

近くからではツリー全体はカメラには収まらず、こんな鏡があちこちに用意されています。

こんな風に撮影していました。
kagami1.jpg


kagami.jpg

春休みとあって、見学者の多いこと
スカイツリーは出来上がったものの、後はまわりの関連施設、横を流れる河川の遊歩道などの整備が急ピッチで進んでいるようです。工事関係者や墨田区民が一丸となって支えている様子があちこちでうかがえます。
gogankouji1jpg.jpg

逆さ富士ならぬ逆さスカイツリーが見られるという北十間側ぞいを歩いてみました。
見えました見えましたよ。

sakasaturi1.jpg
3月20日から京成バスでは墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」というバスが運行され、北東部ルート、北西部ルート、南部ルートと3ルート墨田区内ほぼ全域を巡っています。
大人100円で1回限り乗り継ぎができますよ。
とてもかわいいキャラクターラッピングバスで 
sumirinkun.jpg

ガラス張り天上バスで、循環しながらスカイツリーを楽しむことが出来ました。
grasutennjyou.jpg

スカイツリー三昧で首がまた痛むほど楽しみ、最後は両国駅で下車 大江戸博物館へ
まだまだ見所たくさんでしたが時間が足らず、見ごたえある博物館は次回にもう一度ゆっくり楽しむことになりました。 

夜空をたのしむ 

3月26日(月)日没の西の空ではのようにこうこうとした月を真ん中に金星、木星が直線に並びました。
この一番上の写真はお借りしたものです
iccyoku1.jpg

宇宙の不思議に魅せられて、デジカメにと思いながら時間が立ち、カメラを持ち出した時は、2階のベランダからは全部が収まりきらず木星はすでに屋根の陰になり.....
iccyokusen.jpg
とてももったいないことをしたような気分で翌27日(火)はと思い昨日はデジカメを用意して日没をまってみました。そして撮れた写真です。
1日違いで、不思議ですね~ 今度は月が一番上で金星、木星の順です。
327notuki.jpg
水星や金星は太陽の内側を公転するので、太陽の反対側に来ることがなく、真夜中には見えない。見えるときは必ず日没後の西の空か日の出前の東の空になるとあります。宵の明星・明けの明星と言っておぼえていますが.....

難しくて考えていると眠れなくなくなりそうですね。

詳しくはこちらですがやっぱり宇宙はファンタスティックです。

実生 

風はひんやりしますが、今日は春の日差しです。クリスマスローズ、黄スイセンが咲き、ブルーベリーや日本桜草、バラ 山椒の芽が大きくふくらんできてます。
腐葉土をのけてみると、忘れかけていた草花の新芽が顔を出し、ウキウキとしてきます。。

みつけました~
友人宅にきれいに咲いていた椿 その椿の実を一ついただいて植えてみたのが10年ほど前
山茶花の生垣の隙間におろし、背丈はまだ40cm足らずのおちびちゃん
ようやく蕾が二つほどつきました。
辛抱強く養分を蓄え、ようやく成人式というところでしょうか?この生命力にちょっと感動です。
misyoutubaki1.jpg

はニリンソウと言っていただいた鉢です。kikusaki2.jpg

いただいた時は確かに白いニリンソウが咲いていました。
いつのまにか白が消え、ウスムラサキのこのお花に変わりました。
キクザキイチゲというのかしら?鉢土にこのお花の根がまざっていたのかもしれません。

肥料:水やりを怠らず、私も日光浴でビタミンDをたくさん作り出してもらいます。
ハーブを植えて香りをいっぱい楽しみたいです。

どうどうめぐり 

あなたの家は大丈夫?あなたの家があぶない!とか新聞にも取り上げられ

ここのところ気になっていること   ようやく調べてみました。
すまいの地盤調査です。
地盤の補強工事をした場所、腐葉土が確認された場所 ボーリング調査した場所など記されています。

chiban2.jpg


地震 船酔い 車酔い ゆれにはもっぱら弱い信さん
まだまだ続く揺れ、ケイタイの緊急地震速報の不気味なヒューヒュー音がなるたびに騒いでいます。
業者に我が家の耐震診断頼んでみようか~と夫と話あいになりますが
耐震診断をして補強すると言っても、きっと大掛かりになってしまいそうな築35年以上の古すぎる我が家
この先を考えると、中途半端 やはりこのまま行きましょうということになります。

せめて このあたりの地盤でもと思いネットを開いてみました。
maru.jpg色に当たる我が家は地盤調査の結果「良好地盤」となっていましたので気休めにもホットしているところです。

関西に住む姉より、嬉しい春のいただきものです~
生のいかなごが出てきたからと佃煮を煮て送ってくれたのです~
ikakugi.jpg

「これは煮る時 絶対かきまわしてはいけないんやで~」というきつい講釈つきでした。
ちょっと柔らかめですが、おいしい春の味です。
寒いといっても、日差しに元気が出てきましたね。マーケットの魚店においしそうなアサリが賑わっています。
晴れたら気晴らしにでかけたいところです。

藤沢橋の店蔵 

前回藤沢橋付近の浮世絵トランスボックスについて書きましたが、東海道五十三次の7番目の宿場町藤沢遊行寺の界隈には当時の繁栄ぶりを思わせる昔の蔵を見ることが出来ます。
kamiten2.jpg

kamiten3.jpg


現在は桔梗屋洋紙(株)として営業をつづけている桔梗屋さんで江戸の末期からお茶・紙類の卸問屋さんだったようです。
店蔵(店舗を蔵作りにし、周辺からの火災、敷地内への飛び火の防止のため)になっています。
家の前におばあちゃんがいらしたので、デジカメに撮らせててもらいたいと言いますと、ご先祖様が喜ぶので、家の中にもお入りくださいと案内してくださいました。
89歳という桔梗屋さんのおばあちゃんがここに嫁いでから、ご先祖さんに聞いたあれやこれやのお話を交えて、蔵の内部の説明をしてくださったのです。
は蔵の中の大黒柱
縦に傷が入っていますね。
大正12年9月12日の関東大震災により、遊行寺橋方面から将棋倒しになった家が、この柱で止まったそうです。柱は鉄のつっかいぼうをして現在も健在 店蔵を支えています。
hashirakizu.jpg
あげ戸というそうです。
かつては店と表通りの境には建具はなかったそうで、このあげ戸をあげさげして、戸締りをしたそうです。
agedo.jpg

桔梗屋さんの看板や古い製紙会社の看板でしょうか。
kanban.jpg

店正面右側の潜戸を入ると左側に母屋の入り口、この奥にはかつては立派な土蔵があったそうで取り壊してしまいもったいないことをしたとおっしゃっていました。
misegura3.jpg
母屋には階段タンスやぬくもりある古い欄間がありました。
misegura5.jpg
店の北側にある立派な蔵 戦時中は軍の重要書類などを保管させられたそうです。
火災が発生時には扉を閉め、扉の目地に土をぬる目塗りなどもしたそうです
kikyoukura.jpg
工夫凝らした、重厚な密閉性のある観音とびらなど、当時の技術が駆使されています。感服興奮気味の一時を過ごしてきました。
初めてお目にかかるおばあちゃんより貴重なお話や店蔵の内部まで見せていただきなんとラッキーなこと.....
感謝の気持でいっぱいでお別れしてきました。この場にてお礼申し上げます。

トランス浮世絵ラッピング 

藤沢駅前の遊行通り付近を歩きますと、思わず顔がほころぶようなトランスボックスを目にします。
こんなのやら
cyuugakusei.jpg
このような絵 
cyuugakusei11.jpg cyuugakusei22.jpg
落書きが多かったため市内の中高生にお願いして描いてもらったそうです。

この通りのもう少し先
藤沢駅北口を出て遊行通4丁目から 遊行寺のある藤沢橋までの国道467号線沿い約400mの間に(片側10基両側で22基)のトランスボックス(このあたりは電柱地下化工事が完了し、歩道にトランスボックズが建てられております。)
syukuba1.jpg
そのトランスボックスに東電(株)の協力によって使用許可を頂き、浮世絵を原画としたラッピングを施して江戸時代の藤沢縮の街並みを再現した町おこしの取り組みが完了したようです
変圧器に浮世絵おもしろい取り組みですね。

藤沢宿は徳川幕府の街道整備政策により発展し東海道の宿場町として栄え、遊行寺、大鋸橋(遊行橋)付近は商業( 問屋街)も盛んで、近隣の町村から多数の人が集まったようです。繁栄していた当時を描いた浮世絵が多数残っているそうです。
先月その浮世絵のラッピング除幕式があったそうで、駅への買い物がてら、いつもとちがう遠回りの丘をこえて歴史の街をたどり歩きました~
安藤広重他が描かれた絵図を選び題材にしてあってそれがとてもすばらしいのです。
少しご紹介しますね。
藤沢宿七 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品(美人を主体とした東海道シリーズ 美人東海道) 渓斎 英泉 作 
ukiyo1.jpg

東海道名所之内 ふちさハ 遊行寺 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖) 橋本 貞秀 作ukiyo3.jpg

藤沢 五十三次 神谷伊右衛門お岩霊  藤沢ゆかりの文物・見立を描いた作品 歌川 国員 作ukiyo9.jpg

東海道五拾三次之内 藤沢(保永堂版) 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品  歌川 広重作
ukiyo2.jpg

ukiyo44.jpg

東海道五十三次之内 藤沢(行書東海道) 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品 歌川広重作 ukiyo6.jpg

東海道七 五十三次 藤沢(隷書東海道) 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品  歌川 広重作ukiyo7.jpg

東海道五拾三次 藤沢(狂歌入東海道) 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品 歌川広重作 ukiyo8.jpg

東海道中栗毛彌次馬 藤沢道中風俗を描いた作品 落合 芳幾作 (やじさんきたさん)ukiyo10.jpg
などなどまだまだUPしきれませんが、ホームページで後ほど紹介できたらと思っています。
片側しか回れませんでしたが、浮世絵で描かれた昔の賑わった藤沢の街並みの面影当時の人々の様を興味深くたのしむことができました

プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク