ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

岩盤浴体験 

気温がぐっと冷え込んで、紅葉前線も急ぎ足で山をおりてきていることでしょう。

寒さのせいか腰痛だ~膝痛だ~肩凝りだ~が身にこたえるという友人たちと、茅ヶ崎の竜泉寺日帰り銭湯へと行ってきました。
今はやりのスーパー~銭湯です。 炭酸泉風呂、シルク風呂、岩塩風呂 岩塩サウナ 水風呂など
それぞれの効能は.... 動脈硬化、肩凝り、腰痛、膝痛 血液サラサラ、ボケ防止、神経衰弱 うつ、不眠症などなどいいことづくめです。

帰るころには、物忘れ、痛み、不眠症から解放されるかもとゆ~っくりで体を温めました。
腹がすいては..........で  食事をはさんではじめての岩盤浴体験です
わけのわからぬ紅岩塩房、白岩塩房、ブラックゲルマニウム房、薬宝石房、大汗汗蒸幕などの部屋、ヒマラヤ岩塩を使っているという50度C以上の蒸し風呂ような岩盤浴房には入ります。
 
内部は黒水晶、トルマリン,薬宝石なの玉砂利が敷き詰められ、遠赤外線とマイナスイオンが放たれ、ムンムンです。

最初は熱くて5分ぐらいでもう限界、飛び出てきましたが、2回3回と入っているうちにしだいに慣れてきて、心地よくなってくるのが不思議です。部屋の中から大イビキも聞こえます。
体の芯から温まったという感じで、私の腰痛にも効果がありそうで、みなさんが薦める岩盤浴の良さを体感できました。
今日はさっそく岩盤浴がやみつきになりそうという友人からメールも入りました。

体を温め体温を上げることは健康につながるといいますから、折りをみて出かけてみたいです。

ryuusennji.jpg

パソコン研修会 平成23年10月 

今日の話題はスマートフォン
IPhone4sやStebe Jobsさんのお話が聞けるのだろうとわくわくし、久振りのパソコン研修会に参加しました。内容もりだくさん、3歩あるくと消滅してしまう最近の私の記憶力と理解力、もう半分以上抜けてしまったようですが、復習を兼ねて記してみることにしました。

今日のテキストです。
tekisuto1.jpg

それでは何と言っても当日一番新鮮で楽しんだことからお話を始めます。
来年発売予定のウインドウズ8に触れることが出来たことです~

wun8.jpg

つい1ケ月半前にウインドウズ7デビューしたばかり
毎日少しづつ頭をひねってセッティングし、まだ使いこなせる段階ではないのに ギョギョです。
講師がダウンロードしてくださったウインドウズ8を最初はこわごわ、しまいにはいろいろいじくりまわしていました。
基本的には同じなのでしょうが、ウィンドウズ8はタッチパネル式が導入され画面を手で触れて操作する方式になるそうですが、今までのマウス機能も使用できるそうです。

起動するとデスクトップはアイコン表示ではなく、「Windows Phone」のように「Live Tile(四角い タイル」で表示され、アプリケーションごとにまとめられるているようでした。
ひとまずお先に、貴重な体験ができ、参加者全員熱くなっていました。

携帯電話の手軽さとパソコン並の高機能をもつスマートフォンのお話
iPhoneやAndroid端末、携帯電話各社から、いろいろの種類が出揃って、本格的なスマートフォン時代がやってきて益々競争激化のようですね。

Apple社        Iphone (ソフトバンク auで発売 来年にはIphoneにもお財布ケイタイがつくようです。)
Google 社      Android  (ソフトバンク、au、ドコモ、イーモバイルで発売) 
Microsoft社    Windows Phone (auで発売 ケイタイでワードやエクセルが読めるそうです。)
フューチャーフォーンとは スマートフォーンに対する今までの電話機を言う
今までの電話機は電話会社が作った。スマートフォンはパソコンを小さくしてそれにユーザーが欲しがるものを多数つけ、電話をつけたもの。今後はラクラクフォーンなどはそのまま、ヒューチャーフォンは少なくなって行くようです。

Apple社のI clouwd  (iクラウド)サービスのお話これがとても難しくて.....

クラウドの意味は雲のこと....
パソコンやモバイルの進化はすさまじく、アプリケーションソフトも数多くなり、お気に入りの写真、動画、音楽等 容量がどんどん増えていきますね。
従来はパソコンに入っているもの ケイタイやIpadに入っているものなどを見たり聞いたりする時に、いちいちそれぞれを開かねばなりません。そういう不便さなくするために始めるApple社のサービスということです。

IphoneやIpadを持っている人がApple社に自分専用の箱か引き出しを無料(5ギガまで)で借りるようなものと思います。インターネット上に自分の箱を借り、音楽、写真、アプリ、メールなどを保管しておき、それらのモバイルマシンで共有し、このサービスで自分の使いたいものを、いつでもどこにいても、自由に自分の雲の金庫から取り出しが出来るということだそうです。

タブレットについて
Ipad2
電子書籍キンドルe-reader   キンドルFire 電子書籍 Sony reader
Sony Tabket sp など

青いコネクターについて
konekuta.jpg

USBコネクターが今後マイクロB3.0になるそうです。こちらのほうが中の信号が速いそうです。
新しいパソコン側もマイクロ版USBに変わるそうです。
以上つらるらと、書き並べてしまいましたが実際に使いこなせるかは????です。
Apple社の製品は何も持っていませんが、Microfot社のクラウドサービス(スカイドライブ)にチャレンジしてみるつもりです。
講師の先生方本当にありがとうございました。

ジョウロウホトトギス(2) 

今年も暑い夏を乗り越えて、黄ジョウロウホトトギスが咲いてくれました。
サザンカの根元にほんの一株ほどです。
江戸城大奥の上臈(職名で奥女中の最高位)からつけられたというキジョウロウホトトギス(黄上臈ホトトギス)いかにも 大奥の絢爛な衣装のイメージがあります。

もともとは山の岩場等に垂れ下がって咲くそうですから、我が家のように平地に植えてあると花の中心部がなかなかみえません。枯れて消えてしまわぬよう根づいてほしいです。kijyou11.jpg

は普通のホトトギスです。茶花として使われますね。両方ともとても風情がありますね。
yamahoto1.jpg

待ちにまった茶色の綿の実の現在 
こんな風~に弾けています。
watanomi55.gif

腰痛で機会を逸して、あまり拾えなかったギンナン 今日洗って干しました。gingin.jpg


マユハケオモト(眉刷毛万年青)も開花しています
om44.gif


今日の小さな我が家の庭の様子でした。


思い込み 

昨日のことです。
スーパーマーケットの店頭で、春菊苗(関東ではシュンギク・関西ではキク菜と言います)を少々求めました。
家庭菜園はありませんから、勿論プランラー植えで鍋料理1回分ぐらいの収穫でもあったらと、それも楽しみなものです。

苗が置いてあるのを見つけて夫がすぐに植えてくれたようです。
ところがです。
この春菊(さとゆたか) 素焼きの菊用植木鉢に1本ずつ支柱を立てて植えてあるのです。
「お父さん これは野菜の春菊なのよ!」
「な~んだ 観賞用の菊かと思ったよ~」
腰痛が起きるからというのに、プランターに植えなおしてくれ1件落着です。
satoyutaka.jpg

我が家には毎年少しですが、伊勢菊(酔姫)、嵯峨菊(嵯峨の星)、肥後菊など観賞用菊を育てていますので
春菊(さとゆたか)はその仲間と思い込んだようです。
キク科春菊属 原産地は地中海沿岸とか、最初はありえない~と思いましたが、キクのお仲間ですから...
大笑いの一時でした。
 こんなことって~あるんだな~ よ~く考えれば、なんだか私にも起きそうなことでした。

waremo1.jpg
昨夜の雨で倒れかかったワレモコウの花です。 

キンモクセイのポプリ 

あちらこちらからキンモクセイの香りが漂ってきます。
甘い香りが好まれて庭木や生垣に植えられている家が多いですね。

moipopu4.jpg

この香りをずっととっておけるものならなぁ~ ネットでいろいろと探してみました。
荒塩で作るモイストポプリというものがあることを知って、昨年初めて作ってみたのでした。
テレビ番組で、ベニシアさんの京都のお宅でも見たような気がします。

右側のカップは去年作ったものです。
moipopu1.jpg


今年もキンモクセイが満開 そこで、香りのなくならないうちに、容器を片手に小さなハナビラを集め再度挑戦です。
作りり方はこちらを参考にしました。

密封容器にアラ塩と花ビラを交互に重ね1ヶ月ほどねかせておけば出来上がりです。
moipopu2.jpg

キンモクセイ以外の香りの強い花(沈丁花、バラ)などでも作れるようです。
昨年作ったもの我が家の玄関ではまだ香っています。
皆様も作ってみてはいかがですか?
うまく作れましたら写真を載せますね。

Hair Dye 

一昨日は冷え込みましたね~
朝から冷たい雨がシトシト降り続く  
腰を落ち着け、後回しにしていたhair dyeをしました。
白髪染めです。
染めて~染めて~それでも次から次へと出てくる白髪 生え際やてっぺんがおいつかないほどです。
何もせず、真っ白になるまで待とうか、いや、やはり少しでも見栄えよく整えようか?と迷います。
白髪にならない薬が出来たらノーベル賞ものねとその日を心待ちにしていますが...

髪染めをしていると ふと昔のころが思いだされて....アルバムをめくってしまいました。
hakui.jpg
当時は白衣を着ていましたね。父手作りの料金票、若いころの八千草薫さんの新日本髪姿が初々しい写真がはってありました。

「髪結いさんの娘なのだから、髪はきちんとしておきなさい」父から常ひごろに言われていた言葉です。
父はサラリーマンで髪結いの亭主 でもとてもまじめな人でした(笑)
そう 私は美容院の娘だったのだ。昭和の20年代の終わり~30年のはじめごろ、パーマは電気パーマが主流でr料金250円ぐらい、コールドパーマが新しく導入されて300円~600円の時代があったのです。
大人たちはみんな髪結いさんって言っていたような気がします~

其のころ、大晦日には一晩中、新年に向けてパーマをかける人、新日本髪を結う人で店の中はてんてこまい。その中にまじって紅白歌合戦を聞いていたことが思いだされてきます。

いつのころからか、それこそ欧米化の波、髪のカットも、髪型も自由に変化してきましたね。
さらさらだツヤツヤだと自由自在に仕上げることができるようになりましたが....
私も最近は、パーマはほとんどかけなくなり薄毛、抜け毛に悩みつつあります。
このボサボサ頭をみたら、父はなんと言うだろう。
時の移ろいを感じながら今日は丁寧にヘアパックをしてみました。

小出川のヒガンバナ 

以前にも紹介しましたが、小出川のヒガンバナが例年より少し遅咲きで、見ごろとのこと。
ドライブがてら、あの美しい風景を見ようとでかけました。
藤沢市遠藤の(大黒橋)から追出橋と言うところまで約3キロにわたって、田の用水路をかねた小出川に沿い赤いじゅうたんが広がっています。まっさかりでした~

manjyusyage2.jpg

manjyusyage4.jpg

のどかな田園風景、さらさら流れる小川、まわりの田には金色の稲穂がこうべをたれ、ちょうど稲刈りの真っ最中、たわらぼっちというのでしょうか?きれいにならんでおりました。
幼きころ、ごく自然に目にしていた稲刈り風景そのもので、バッタを追いかけまわしたころがなつかしくよみがえってくるようです。
warabocchi1.jpg
ところどころには白花ヒガンバナも咲き、地元のヒガンバナ保存会の方々が手入れをしてくださっているようです。
manjyusyage3.jpg
女○○人よればかしましく、もっぱら直面している老後、介護についてが話題になります。ストレスが多い人は長生きできないそうだから、ここで全部吐き出していきましょうなんて意気込んできました。
花言葉のとうり情熱的な赤色に刺激を受けストレスも吹き飛ぶ楽しい1日でした。

唯ちょっと残念だったのは2番目の写真奥正面に雄大な富士山が見えなかったこと。
暑くてかすんでいましたから......

プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク