ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

お茶がら枕 

長い間 コツコツためこんだお金じゃ~なくて 「お茶がら」です。
お茶がらがたまると枕にしています。

私は固い枕が好き  頭をのせたるとヒンヤリし、ほのかな茶の香りでしリラックスできるような気がします。
母がお茶ガラ集めては、枕に入れていたのがキッカケで...今までに何個か作っています。

良い睡眠をとるためには枕がとても大切だそうで....肩凝り症の私としては、気になる気になる枕です。

横になった時、首や肩に負担がかからず自由に寝返りが出来る枕の高さが一番良いとのこと
要するに座布団の上にすこし固めの風呂マットをたたんでのせたような状態がいいみたい!
そこで今回は今までよりぐっと低めにして試してみることに!
見てくれは良くないけれど、気持ちよく眠れそうです。

haruichi3.jpg

 春一番が吹き荒れ、日ごとに暖かさを増していますね。
スイレン蜂の中の赤メダカも冬眠から醒めたようで嬉そうです~
haruich2.jpg

haruichi5.jpg


梅の木の根元には、一気に福寿草が咲きそろっています。
本格的な春ですね~

三浦の大根 

三浦産の大根です。
三浦大根は真ん中がずんぐりとふくれていて、首の部分は細くて、全体が白くとても大きく長い大根なのですが

これは、ずんぐりと肥って短い誰かさんの足みたい! 
でも立派な三浦の大根です。
miuranodaikon2.jpg

三浦の冬大根は水分が多くぶり大根、おでん、ふろふきなど煮物に適しているので
じっくりと味のしみた「べっ甲煮」にしてみました。
とろけそうに柔らかく美味です。

「三浦のヒジキ煮と同じく三浦のあじの干物」
三浦産ずくしのとてもヘルシーな昼食になりました。
bekkouni.jpg


第一生命第24回サラリーマン川柳 100選 発表 

夕方のテレビニュースでサラリーマン川柳100選の発表があったこと知りました。
毎年の楽しみ、今年は応募総数 2万6686句だったそうです。

台所に立ちながら、急いで、耳に入ったものを書きとめてみました。

風呂の順 二番じゃだめかと 追い出され
指なめて ページをめくる アイパッド
妻の愚痴 ブブゼラよりも 耳障り
夢たくし 息子に遼と 名前つけ
人員が ととのいましたと 解雇され
天職を 求めて転職 今無職  
etc.
就職氷河期、流行語、政治経済夫婦家族編など、よくぞ言ってくださいましたと思うほど、巧みな作品に
一人にニヤニヤしたり、反省したり。見につまされたりと感心するばかりです~
この100選は第一生命の職員が選出し、その中から一般投票で(3月16日まで開催)ベスト10が選出されるそうですが、
じっくり読ませていただいたらWEBで好きな1票を投じてみたいと思いながら、どれもすばらしくて、なかなか選べそうにありません。
結果お楽しみですね。

マホロバの春 

足が良くなったら「新年会と無事故無違反自動車免許取得20周年」しましょうと
仲良しの1泊ドライブを予定していました。
60歳代から後期高齢者1名の4人組です。10年一昔といいますが、20年の交流です。
おいしいもの食べること、ゆっくり温まること、のんびり話し合うこと
それに、三浦の河津桜見物、新鮮な鮮魚、三浦のお野菜を買うことが目的です。

前日の雪で、電車に変更しようか?と迷いましたが、結局道路の様子をみながら
午後から出発 目的地 三浦半島のマホロバマインズへ向って やはり足はで記念のドライブとしました。

マホロバマインズは最初はマンションとして販売されたそうですが、余り買い手がつかず、リゾートホテルに一新されたようですね。
ですから、部屋の作りは普通のマンションとまったく変わらず、広々とした温泉付きリゾートマンション、自由にゆったりと過ごせました。
お互いの顔を見ながら、年をとったものだと、悲しんだり、慰めあったり....話はつきず
とぎれず続いたお付き合いに感謝 感謝でした。

波にキラキラする初日の出が房総半島のむこうから登ってきます。夏には前の三浦海岸で海水浴というところです。平日にもかかわらず宿泊客の多さにはびっくり!!
 
bousou.jpg


京浜急行線にそって、小松ケ池公園まで約1.2キロほどの河津桜並木は残念ながら1週間ほど早かったようです~
miurasakura2.jpg
小松ケ池公園
miurasakura1.jpg

温暖な気候、海と土にはぐくまれ、三浦大根やキャベツ畑が広がり、空気の違いを感じました。
kyabetu.jpg












明け方のサイレン 

救急車のけたたましいサイレンで目が醒めました。まだ5時前です。
そう遠くないところに止まったような気配です。 どこだろうか?
玄関のドアをそっと開け出てみましたら、ご近所でも明かりをつけてのぞいている様子です。

少し先のほうで明かりが点滅していました。
この雪による冷え込みで、トイレに起きて倒れたのだろうか?心臓発作でも起こしたのだろうか?
まわりは老人世帯ばかりで気がかりです。大丈夫だったろうか?
いつ何が起きてもと言う年齢ですから他人事とは思えませんね。
「我が家かと思ってびっくりしたよ~」と2階から息子も起きてきました。
結局紅茶をわかして体を温め、もうひと寝入りしようと思いましたが
あれやこれや思うところありで、冴えた気持ちのまま朝を迎えました。


cyoko.jpg

そうそう昨日はバレンタインデ~でしたね。

「今日は朝からチョコの配達ばかりです」と郵便屋さんがニコニコしながら届けてくれました。
孫とお嫁さんからのメッセージつきのプレゼント
夫の顔がゆるみっぱなしでした。

みぞれまじり 

建国記念日、明日は休日だからと気がゆるみ、遅くまでサスペンス本を読みふけり寝そびれて、目がさめたのは9時過ぎでした。 
前日からの予想どおり、朝から小雪がちらついています。
大寒 小寒 とにかく冷たいです~
konko1.jpg


冷え込みが厳しいので、家事も簡単にすませ、それぞれに丸くなり、パソコンやテレビの前にじんどり、1日中冬眠状態で過ごす始末でした。
夕刻になり、近くのスーパーマーケットへ

雪が降ってきた~♪ ほんの少しだけ~れど♪ 私の心の中に~♪積もりそ~うな雪だ~た♪な~んて
口ずさみながら 転倒せぬようゆっくりと注意、注意

こんな日の晩ご飯 皆さん暖かいお鍋やシチューのようですね。

2階のベランダからの風景 どこも早くから雨戸を閉じていますね。
konko2.jpg

雪景色 好きだけれど、積もったらあとがたいへん通勤の足も乱れますしね。

John Mung 

力強い表装が気に入り、懐かしさも手伝い購入しました。
戦後間もないころは、皆が物資に飢えていましたね~
小学校も高学年のころだったでしょうか?本と言えば、学級文庫や、貸本屋さんで....
夏休みには日陰をさがして、読書タイム ワクワクドキドキした覚えがあります。
ジョンマンジロウ漂流記、魔境千里 その中の一つでしたね。

幼いころから鰹漁船の炊事役として家計を支えていたという中の浜万次郎
万次郎14歳、徳右衛門丸の乗船者5人は、嵐にもまれ鳥島に漂着してしまう。。漂着して143日目の正午すぎ
ついに1.5キロ先に船をみつける。

歴史に疎い私は土佐の高知宇佐浦から地図をたどりながら読みました。

「John Mung」波濤編
jhon1.jpg

又違う角度から、この先がお楽しみです。

龍口寺の節分 

立春にふさわしい3月並の暖かさとなりましたね。
昨日は節分
柔らかな日差しが心地よく、福でもいただきに行きたいなぁ~と思い
日蓮上人様の龍の口寺、龍口寺さんへ.....  今年はちょっと足を伸ばしてみました。

ryuusetu1.jpg

豆まきの前には、修道師さんと希望者により、1年の無病息災を祈願する水行(みずぎょう)が行われていました。
水を浴びて身を清めること、心身の鍛練のため寒さもなんのその!身の引き締まる思いです。

豆まきは本堂の前で行うものと思っていましたら、さにあらず!
豆まきに参加する人々は、土足厳禁の本堂内に皆座します。
ご祈祷がはじまるころには、本堂からあふれるほどの人人です。
宗派によりいろいろでしょうが、日蓮宗は初めて、40分間ぐらいの荘厳なご祈祷でした。

いよいよクライマックスの豆まきが始まり、本堂の中ですから「福は内」だけです。
私も、脱いだ靴を片手に、俄然張り切って飛びつき、やっとのこといただいた家族3人分の福です。
ryusetu2.jpg






2011年1月パソコン研修会 

今回のテーマは
NECと中国大手のレノボの合弁会社」設立について

最近の電子書籍について
ddenshi3.jpg

1月27日新聞発表になったNECとレノボの話題  
2011年6月をめどに、NEC レノボ・ジャパングループlenovoNEC holding が設立される予定だそうです。
日本電気(株)と言う名のもとでパソコン(pc-9800)発売以来10年以上もの間70パーセント以上のシェアを誇っていたNECですが、最近でも国内シェアは2割というものの世界のパソコン出荷台数ベースで見るとNECシェアは1パーセント未満と低く苦しい立場にあるようです。そこで国内のpc事業を統合して、勢いにのったレノボと事業提携することになったわけですね。
山形県米沢市製造のNECのブランドは残しつつも、持ち株比率の高いレノボが主導権を握るようです。
いずれは、パソコンを購入しなければならないので、選択の参考になりました。

ネットワークを通して、いつでも好きなときに手軽に書籍を入手できる電子書籍については、家電量販店でよくみかけるようになり、最近話題になっていますね。

電子書籍サービスKINDLE(キンドル)のこと 実は私まったく知りませんでした。
シャープのガラパゴス(GALAPAGOS)ソニーのリーダー(READER) アイパッド(IPAD)等など

軽くて、何冊でも持ち歩ける、印刷コストがないなどの長所がありますが、メーカーごとに別別のCD
ipad以外はデーターを購入するのにパソコンが必要だそうとのことと問題点もたくさんあるようです。
本はぬくもりのある紙をめくって読まなければ味気ないという人、持ち歩きにとても便利と言う人それぞれでしょうし、出版社もこれからどのように変化していくのでしょうか?

これらの難しくてうまく書けませんが興味深いお話でした。

プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク