ほんの小さな出来事

最近1年があっという間に過ぎるようになりました。そんなあわただしく過ぎてゆく生活の中で起こったほんの小さな出来事を綴った信さんの日記です

奥秩父へ 

珍しく息子の運転で奥秩父方面へ連れて行ってもらった。
こちらから向かう秩父の目的地はず~っと山奥  標高1100メートルに位置する秩父三大社の一つ三峯神社でした。
有名なパワースポットなんですって!!

どんなルートで行くのだろうと興味深々 西へとむかい、勝沼(山梨)をぬけて向かいます。
山梨の桃源郷  溜息の出るほどのんびりとした美しさ。ふだんからこんなのどかさには飢えています。

tougennkyou).jpg

秩父湖のダムの上を走り登って登ってようやく三峯神社の参道入り口へ到着
mitumine1.jpg

この神社の守護神はオオカミだそうで、境内のあちこちに狛犬さんならぬオオカミ像が建っている。
↓随身門
mitumine2.jpg
本殿へ
mitumine3.jpg

こんな山奥の三峯神社 もうここを訪れることはないでしょうから有り難いことだと思いました。
大きなご神木からパワーをいただこうと老いも若きも真剣にお参り
mitumine6.jpg

とにかく、歩かされ宝登山神社や長瀞岩畳へも
nagatoroiwa.jpg

沿道の桜ふぶきと秩父電鉄長瀞駅 風情があっていいものでした。


ドライブ | TB(0) | コメント(-)

早春ドライブ 

満開の曽我梅林か松田山の河津桜見物を予定していそいそと出発

茅ヶ崎に来て、初めての道だからと圏央道に乗り東名高速に出ることになりました。
「あっちだ こっちよ」 「あっ またやってしまった」
いつものごとく出口方向をまちがえ、横浜町田で方向チェンジし無事東名に乗る。

おしゃべりにも花が咲き、○○○を買いたいだのといつの間にか行き先は御殿場アウトレットモールに変わり、
車窓からのあっという間の松田山河津桜見物でした。

gotenbafuji1.jpg

御殿場の壮大な富士山はご機嫌斜めの様子
一日中はっきりと顔をみせてくれませんでした。

アウトレットで買い物と言っても、別に欲しいものがあるではなく大きな袋をぶらさげているのは観光客の中国人
.結局は孫へのお土産に IIttala のムーミンのマグカップ一つ
ちょっと淋しいので、長年我が家にあるスナフキンのオルゴールを添えて

iittala.jpg

梅や桜は心残りだけれど、ピンクに染まった松田山が遠目に美しかった。
新しい道も覚えられ、新鮮な空気をいっぱい体に取り込んでリフレッシュ有り難いことでした。
ブランド製品に疎い私には、目の保養にもなったかな。 




ドライブ | TB(0) | コメント(-)

小田原市 鈴木さん宅と総世寺のざる菊 

先日見に行った当地のざる菊はちょっと物足りなくて
11月いっぱいはまだ見られるという、小田原市久野の鈴木さん宅のざる菊  そこをめざして、おばあちゃん二人のドライブしてきました。

友人の運転 ナビ案内役の私、おおよその下調べをし、、張り切ってのドライブでしたが、目指す信号を見逃して、あらあらたいへん  毎度のごとくコンビニのおじさんのお世話になる始末。  

でもちゃ~んとすばらしいざる菊の香りと彩に包まれ、由緒ある総世寺の宝物展(11.21~11.23日)も見学できました。
↓ こちらが鈴木さんのお宅。ざる菊園前です。

suzukisan1.jpg

順路に沿って歩いていくと
suzukisan2.jpg
見事なお花にみなさん顔をほころばせています。
富士山をかたどった、丹精込め作られたざる菊が青空に映えます。 
suzukisan3.jpg
テレビの力は大きいなぁ~(一週間ほど前放映)   ぽかぽか陽気に誘われて見物客が続々と


鈴木さんのお宅から緩やかな街道を200メートルぐらい下ったところには歴史深い総世寺という曹洞宗の寺があります。
境内のひな壇に飾られたざる菊 見事でした。

「ざる菊を育てる会」というのがあり、お寺の境内を通し、ざる菊の苗木の育て方を学び、自宅に持ち帰ってもよし、そのままお寺に置き、都合のよい時間に苗の世話をしに来て開花を待つのもよしだそうです。
大きく育ったざる菊を開花時期に持ち寄ってひな壇に飾っているそうです。
souseiji4.jpg

普段はきっととても静かな山間のお寺さん 今が出番とあざやかなざる菊たちでした。
souseiji2.jpg

souseiji1.jpg






ドライブ | TB(0) | コメント(-)

三浦三崎方面へ 

寒暖の差が大きく、体がなかなかついてゆけない日々。
急に肌寒くなったせいか、また膝の具合が悪くなって歩行がきつくなってきました。

久々にドライブがてらマグロでも買いに行こうと友人たちと決めた矢先なのに
膝をきずかってくれ、海洋深層水の温泉にも立ち寄ることとなりました。
それぞれの近況報告でつきることない楽しいおしゃべり。
といっても、我々の話題は、介護施設や墓苑、相続の話ばかりで
羽をのばし、 あっという間に現地到着でした。

aburatubo.jpg


食堂や、露天風呂から眺める  静かな油壷湾は心が安らぎます。

入浴後は 三崎の市場でまぐろの冷凍ほほ肉、お刺身用作、おつまみなど買い込み、畑でお野菜も

お腹も荷物もいっぱいです。
海岸線はちょうど日没で、鎌倉 稲村ケ崎海岸はカメラを向けるアマチュアカメラマンであふれていました。

zushi.jpg

おなじみのこの風景 七里ガ浜海岸あたりを過ぎると、ホット安心。 あと一息でみんなの我が家ですから。
kamakoumae.jpg

温かく穏やかな楽し~い1日、いつも送迎してくれる友人には本当に有りがたきかなです。
皆が健康で、もうしばらくは 、こんな機会を持てるようとの約束  がんばらなくちゃぁ
ドライブ | TB(0) | コメント(-)

俣野別邸庭園 

我が家より車で10分ほどの丘陵に広い庭園があります。
↓芝生広場
teien1.jpg

1939年(昭和14年)に当時の住友家16代住友吉座衛門友成さんが建てられた旧住友家俣野別邸庭園なのです。
そこの外苑に以前は立派な西洋風建築が建っていたようで、平成16年には国の重要文化財に指定されたようです。
公開される最近までこんな近くに存在していたことすら知りませんでした。

というのも2008年ごろから公開にむけ修復工事が進められていた矢先の翌年3月15日放火により焼失してしまい
2013年3月より庭園のみ一般公開されるようになったようですが重要文化財の消失は本当に残念なことですね。
消失前の姿はこちらです。


広大な敷地で天気の良い日には富士山も眺められ、四季折々のお花がみられる庭園
ご近所の方々がウオーキング、ワンちゃんのお散歩などたのしんでいる様子がみられました。。
teien2.jpg

teien3.jpg
↓アジサイ園
teien4.jpg

修復中の火事だったため、分解保存した各部分も残っているようで、当時の雰囲気を伝える建材を加え復元をすすめ、一般公開を目指しているようで、それが楽しみで待ち遠しくもあります。

散歩道でみつけたオレンジ色の木の実  この木何の木 木になる気になる?
やっとネットよりみつけました。 ヒメコウゾと言うようです。
teien5.jpg



ドライブ | TB(0) | コメント(-)
プロフィール

信さん

Author:信さん
体型はズングリおばさん
でも以外と頑張り屋の信さんのブログ日記です
今までの日記はこちらです。
私のホームページ「信さんの部屋」です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク